子育て

保育園の友達がいない小学校に入学することの不安は最初だけ。[体験談]

みなさんどーもponpokoです。

我が子は、引っ越しを理由に保育園の友達がいない小学校に入学しました。

親として「友達ができるのか?」「1人で寂しくしていないか?」と心配でしたが、その不安は最初だけでした。今では、息子も小学4年生ですが、家に帰ってくればランドセルを玄関に投げて遊びに行く毎日です。

子供にも個性があるので、すぐに友達ができる子もいれば、少し時間がかかる子もいるでしょう。しかし、何も心配することはありません。親は子供を信じて見守ってあげてください。子供の順応性は凄いですよ。

今回は、保育園の友達がいない小学校に入学する予定の親御さんへ、息子の体験をもとにアドバイスしたいと思います。

 

 

保育園の友達がいなくても問題ない理由

保育園の友達がすべてではない

あなたの今の友達は、保育園からずっと一緒ですか?それとも、小学校からですか?私の場合、保育園からずっと仲良くしている友達は1人だけです。後は、高校の時や専門学校の時に仲良くなった友達です。

つまり、保育園で仲良かった子が同じ学校に行ったとしても、ずっと仲良しかといったらそうでもないってことです。小学校になると気の合う友達ができますし、保育園の友達がいれば安心するのは最初だけなのだと思いますよ。

子供の順応性は凄い

我が家は共働きだった為、息子は入学式前から学童保育に入っていました。
息子の性格は人見知りタイプだったので、心配になり1度だけ学童の外遊びの時間を見に行ってみたのです。
友達と遊んでいる姿を想像していたのですが、その期待とは裏腹に校庭にあるタイヤの遊具に、ぽつんと座っている息子の姿が見えました。

後から息子に聞いた話しですが、声をかけたけど入れてもらえず1人でいたそうです。

そんな不安の中、学童に行き始めてから1週間もしないうちに「パパ、友達できたよ。◯◯君」と息子が言ってきました。

ponpoko
ponpoko
この時は嬉しかったな〜

子供の順応性って凄いですよね。

このように、子供は友達を作る天才です。

その子の性格にもよると思いますが、拍子抜けするほど、あっという間に友達ができますよ。

友達ができるまで親としてやれることは?

子供を信じて温かく見守ってあげること

初めは寂しい想いをするかもしれません。時には、「友達ができない」と落ちこむこともあるかもしれません。
そんな時は、子供の不安な気持ちを受け止めてあげ「きっと、友達できるから大丈夫だよ」と声をかけあげてください。

子供も人間関係を築くためのいい経験です。自分から声をかけること難しさを知れば、逆に困っている友達がいたら声をかけてあげる子になれると思いますよ。

事前に担任の先生に相談しておくこともおすすめ

  • 同じ保育園の友達がいないので不安に思っていること
  • 人見知りする性格なこと

などを、あらかじめ先生に話しておくのも1つの方法です。そうすることで先生も気にかけてくれますし、昼休みに「みんなでドッチボールしよう」などきっかけ作りに一役かってくれるでしょう。
また、学校での様子なども話してくれるはずです。

学童保育に入れば友達ができるのが早い

これは、学童に入る予定のお子さんだけになってしまいますが、学童は、室内でゲームしたり外で鬼ごっこやサッカーしたりと楽しく遊べる場所です。
初めは知らない子供達ばかりですが、自分から話すのが苦手な子供でも、一緒に遊ぶことでコミュニケーションがとれ、自然に仲良くなっていきます。
そういったことから、息子も入学式前から学童に入ったことが良いきっかけとなり、友達作りが早かったのでしょう。

まとめ

新しい環境でスタートは誰だって不安です。
しかし、保育園の友達がいなくても何も心配することはありません。親は、子供の可能性を信じて見守っていきましょう。

きっと、たくさん友達が出来て楽しい学校生活が送れるようになると思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ponpokoぽんぽん

POSTED COMMENT

  1. sarapan2014 より:

    親ではないのでアレですが、
    やっぱり自分の子供は可愛いのでしょうね!
    楽しい新生活が待ってるといいですね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA