パパ育児

子供のスマホはいつから持たせるの?中学生から持つのがベスト

f:id:ponpoko37:20190406113756j:image

 

みなさんどーもponpokoです。

中学や高校入学と同時に「スマホほしい」って子供に言われませんか?現在は、小学生でもスマホを持ってる時代になりました。しかし、さすがに小学生では早すぎるとponpokoは思います。

スマホはいつから持たせるべきか、悩みますよね?我が家でも、中学校入学と同時に買いましたが、結果的に中学からスマホを持たせることが正解でした。なぜ、スマホは中学生からがよかったのか?スマホを持つことのメリット、デメリットついてお送りしたいと思います。

 

 

 

子供のスマホ所持率

子供のスマホ所持率

小学生の所持率は35.9%

中学生の所持率は78%

高校生の所持率は99.4%

上記のデーターは青少年のインターネット利用環境実態調査、平成30年版より参照しました。

青少年のインターネット利用環境実態調査 – 内閣府より

子供のスマホの所持率で、小学生では3割いることに驚きましたね。しかし、10人中3.5人となると、まだ小学生には必要ないと思われている親が多いということですよね。近い将来、この数字がどんどん増えていくのかと思います。

中学生になると、所持率は78%と8割ちかい子供がスマホを所持していることになります。では、残りの22%はというと、親と共同でスマホを使用しているのです。

高校生になると所持率は、ほぼ100%ですね。

なぜ小学生では早いのか?

これは親のエゴかもしれませんが…ponpokoは、小学生は小学生らしくいてほしい。スマホで友達と遊ぶのではなく、外でおもいっきり体を動かして遊んでほしい。遊ぶ約束も、メールじゃなくて、直接友達の家に行ってチャイムを鳴らすほうが小学生らしい。小学生のうちは小学生らしく遊んでほしい。そう思ってたからです。

しかし、現代はスマホの普及と共に、自宅に固定電話を設置していない家庭が多いと思います。我が家にも固定電話がなかったので、緊急時の連絡手段として子供携帯は持たせていました。

なぜ中学校から?

f:id:ponpoko37:20190515133328j:image

中学生になると、8割近くの所持率であり、ほとんどの生徒がスマホを持っています。我が子も中学からスマホを持っているのですが、クラスや友達同士でLINEグループを作ったり、部活のメンバーでの連絡手段のツールとしても使ったりしています。スマホがない事で、自宅に帰ってからの友達同士のコミュニケーションがとれなかったり、持っていないことでのイジメの対象になったりする可能性もある。

小学生の間は近くの公園などで遊んでいましたが、中学生になると行動範囲が広くなります。帰宅時間も遅くなり、緊急時の親との連絡手段が必要と考えると、スマホは必要かと思われます。

 

スマホを持つことでのメリット 、デメリットとは?

f:id:ponpoko37:20190515134128j:image

スマホを持つと、メリットよりもデメリットのほうが親としては気になるところだと思います。実際に、我が子にスマホを使用して感じた事も踏まえて説明したいと思います。

スマホを持たせることでのメリット

1番のメリットは、子供同士のコミュニケーションツールになることだと思います。クラスや部活の子供同士でのLINEのやりとりや、恋愛話しなどで盛り上がったりしますよ。

また、親との連絡を取り合うツールにもなります。先程話したように、中学生になると行動範囲が広がります。帰りが遅くなったりする時のメールでの連絡や、緊急時の連絡手段としても使用できるので、親としても安心できると思います。

 

スマホを持たせる事でのデメリット

  1. スマホ依存症になる可能性がある
  2. LINEでのイジメなどは大丈夫か?
  3. 変なサイトへのアクセスなどしないか?
  4. 家族と話す時間がなくなる

などがデメリットかと思います。我が家でも、①と④になりましたよ(笑)

スマホ依存症になる可能性がある

 

スマートフォンの所持者がスマートフォンに依存するようになり、一日の大部分をスマートフォンの使用に費やしたり、自身がするべき事をすべき時にしないでスマートフォンの使用をするようになる事をいう。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

我が子も、スマホを持った事嬉しいさから、常にスマホを使っていましたね。友達とのLINEのやりとりだけでなく、YouTubeにアプリゲームばかり。

帰ってきたらスマホ。ご飯食べたらスマホ。

風呂に入ったらスマホ。勉強せずにスマホ。

まさに依存症へ足を踏み入れている状態です。そうならない為にも、スマホルールを決める事が大切だと思います。

LINEなどでのイジメ問題

SNSが主流の時代。すごく便利になりました。その反面、LINEなどでイジメなどが起きているのも問題なのです。裏アカウントを作り、友達の悪口を言ったり、LINEの既読スルーなど様々イジメに繋がる事が様々あります。

その為、中学校からの手紙で下記の様なお知らせがくるんです。

イジメなどの問題にならないよう、LINEなどを親が時々確認するようにお願いします

我が家では、子供も見られたくないと思うのでLINEのやりとりまでは見てません。でも、言葉や行動1つでイジメになってしまう事を子供に伝えています。

変なサイトへアクセスしないか

インターネットの怖いところでもあり、気づいたら変なサイトにアクセスしてた。なんて事になってしまう可能性があります。今は、法律で18歳未満の子供が利用する場合はフィルタリングサービスに加入することが義務付けられてます。

  1. 中学生→SNSや出会い系などの制限
  2. 高校生→出会い系などの制限

など、成長に合わせてフィルターの強度を変え制限できるシステムです。

フィルタリングサービスを活用する事で100%ではないと思いますがトラブルから守ることができると思います

家族との会話が少なくなる

これは、スマホ依存症との関係があると思います。我が子も実際にそうでしたが、スマホに夢中になってしまい、家族との会話が減ってしまうのです。会話は親子にとって大切であり、親子の時間を作る為には、スマホのルールが必要になります。

我が家のスマホルールについてはこちら↓↓

 

おわりに

いかがでしたか?

結論としては、スマホは中学になってからがベストだと思います。しかし、スマホを使うにあたってのデメリットも多く、そのデメリットを防ぐためには、各家庭に合わせたルールを設けるべきです。よく、お子さんと話し合い決めていくのがいいでしょう。

スマホをいつから持たせるか悩む人の人の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^O^)/

ponpokoぽんぽん

RELATED POST