看護ノート

私が看護師を辞めたいと思った重大なミス。それでも立ち直れた理由は?

f:id:ponpoko37:20191113013847p:image

みなさんどーもponpokoです。

この記事を読みに来てくれたということは、何らかのミスをしてしまい、私には向いていない。看護師を辞めたいと悩んでいるのではないでしょうか?

実は、私もそうでした。今でも忘れられないほどの重大なミスをし、看護師には向いてないと思い退職まで考えました。

しかし、それでも立ち直れたのには理由があります。それは

  1. ミスから逃げずに向き合えた
  2. 職場の同期や友人に話した

からです。そのおかげで看護師を続けることができ、今では、偉そうに新人に指導していますよ(笑)

今回、私の体験談をもとに、立ち直り方についてアドバイスしたい思います。

ponpoko
ponpoko
この記事を読んでくれたあなたが「自分だけじゃない」と前向きな気持ちになってくれることを願ってます。

 

私も看護師を辞めたいと思った重大なミス

まずは、今だから言える私が起こしてしまったミスについて話したいと思います。

確認不足によるミス

f:id:ponpoko37:20191113014055p:image

ある夜勤の出来事でした。患者さんの血液検査があり、忙しく慌てながらも無事に血液を採取しました。
やっと業務も終わり帰ろうとした時、血液検査をした患者さんの血糖値が異常な数値と連絡がきたのです。
すぐに医師に報告し、インスリン投与の指示がありました。そして、再度血糖値を測定したところ、今度は低血糖になってしまったのです。
なぜ、こんなにも急激に血糖値が高くなったのか疑問に思っていたところ、点滴をしている腕から血液検査をしたことに気づいたのです。
「はっ」と動揺しました。
点滴をしている腕から採血したことで、点滴内のブドウ糖が混じった血液を採取しまい、血糖値が異常に高く出てしまったのです。
完全に、私の確認不足でした。忙しく慌ただしかったといっても、それは言い訳であり、そんな時こそ失敗は起こりやすいもの。
幸い、医師の適切な対応で、血糖値は安定しましたが、一歩間違えれば命を奪っていたかもしれませんでした。

判断間違えによるミス

f:id:ponpoko37:20191113014137p:image

ある夜勤の時に、急患で入院してきた患者さん。まだ意識もはっきりとしていましたが、容態はあまりよくありませんでした。
私は、入院の説明を家族の方にした後、このような対応をしてしまったのです。
「なにかありましたら、すぐに連絡しますので今日は帰っても大丈夫です」と
それが、間違いでした。
家族は心配しながらも帰ったのですが、数時間後に患者さんの容態が悪化したのです。すぐにご家族に連絡しました。
しかし、心肺蘇生を行なったのですが回復することはなく、患者さんは亡くなってしまいました。
家族が到着した時には、もう心臓は止まった状態。
「帰らなければよかった…」
そう家族が言い、私は何もかける言葉が見つかりませんでした。
あの時帰っても大丈夫ですよと言われ、不安ながらも帰った家族。でも、次に会ったときには心臓が止まった状態だったんです。
最後、息を引き取る瞬間、家族に見守られずに患者さん1人で逝かせてしまった。そんな、患者さんや家族の気持ちは、計り知れなかった思います。
医師の確認後、一緒懸命にエンゼルケアを行いました。申し訳けなかった気持ちを込めて。そんなことで、家族の気持ちが楽になるわけではないことはわかっています。
そして、最後まで見送らせてもらいました。
最後の時を家族と過ごさせることができなかった自分を責めました。
ちょうど、看護師として仕事に慣れてきた時期でもあり、どこか気持ちに余裕があったのだと思います。まだ大丈夫だろうと判断してしまった自分が、情け無く悔やみました。
家族が言った言葉は今でも忘れません。

これが、私が今でも忘れられない重大なミスです。

ponpoko
ponpoko
では、どのようにして立ち直れたのか?説明していきたいと思います。

自分のミスから逃げずに向き合った

「もう自分は看護師に向いていない、辞めたい。」そう逃げてしまうことは簡単にできます。でも、大切なのは同じ間違えを繰り返さないように自分のミスと向き合うこと。なぜ、そうなってしまったのかを考え、次に繋げることなのです。

例えば、判断間違いによるミスの場合

  • 息を引き取る瞬間、家族に見守られずに患者さん1人で逝かせないよう、間違ってもいいから家族には少しの変化でもすぐに連絡すようになった。

このように、自分が起こしたミスをしっかり振り返り、向き合うことで次に繋げることができるのです。

ミスから学ぶことは本当に多く、必ずしやそれがプラスとなって、成長に繋がると思います。

しかし、立ち直れたのには自分の力だけではありませんでした。

誰かに話すと気持ちが楽になる

f:id:ponpoko37:20191113015232p:image

自分が重大なミスをしたことは、人に話したくないですよね。そんな時って、同じような体験をしているブログを探したりしたことありませんか?

自分だけじゃない。そう思いたいんですよ。同じ気持ちの人がいると安心するんですよ。

まずは、その気持ちを溜め込まずに誰かに話しを聞いてもらうことも大切だと思います。

同期や職場の仲間に話す

同期を大切にしなさいという理由は、これだと思います。

同期は、1番身近で、辛い時期を一緒に乗り越えてきた仲間です。そんな仲間だからこそ、分かり合えることは多いと思います。

実際に、私も同期に助けられてきました。ミスした時「飲みに行こうぜ」と誘ってくれたんです。でも、その同期は酒が飲めないんですよ。気にかけ、元気だそうとしてくれている気持ちが伝わってきましたね。

気持ちをぶつけると受け止めてくれるから、話すと、気持ちが楽になりました。

家族に話してみる

もし、同期や職場の仲間に話せなかったら、家族に話してみるのもいいでしょう。

家族が医療者じゃなくたっていいんです。なによりも、溜め込まないことが大事。第三者だからこそ見えてくるものもあり、違った視点でのアドバイスがあるかもしれません。

泣くことも効果的

f:id:ponpoko37:20190710165121p:image

泣いた後って気持ちがスッキリしませんか?

それは、泣くことで脳内よりエンドルフィンという神経伝達物質が出てくるからです。

エンドルフィンは脳内麻薬とも呼ばれ、気分の高揚などの効果があり、幸せな気持ちになるんです。

ミスした自分を振り返り、泣きたかったら思いっきり泣きましょう。そうすると、スッキリと気持ちが切り替えられ、前に進めますよ。

あとは、いっぱい泣いたら腹が減るはず。美味いものをいっぱい食べていっぱい寝ましょう。

まとめ

ミスをしない看護師なんていない。大小関係なく、絶対にあるはずです。しかし、その経験があるからこそ、今があると思うのです。

辛い時は誰かに話し、逃げずに向き合ってみてください。きっと、これからの看護師人生にプラスになるはずです。

ponpoko
ponpoko
頑張れ。

このアドバイスが、少しでも参考になればと思います。

ponpokoぽんぽん

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA