日常ノート

甘くて美味かった!新食缶ベーカリーは非常食のパンとしておすすめ。

みなさんどーもponpokoです。

台風や地震などの災害が多く、防災用の非常食として購入した、新食缶ベーカリー。

缶詰のパンってまずいイメージがありませんか?しかし、実際に食べてみたところ、甘くて普通に美味い。しかも、5年も長期保存できるので非常食としても優秀でした。

では、今回新食缶ベーカリーを食べてみて、どんな点が非常食としておすすめかレビューしたいと思います。

 

 

新食缶ベーカリーの詳細

f:id:ponpoko37:20191102141130j:image

新食缶ベーカリーは、アスト株式会社より販売されています。缶の中で焼いており衛生的にも安心で、長期保存できるため、災害やアウトドアにもってこいの缶詰パンです。

 
価格
400円(税抜き)
プレーン・黒糖・コーヒー・オレンジ
賞味期限
5年間
栄養
337kacl

今回、ponpokoはプレーン味を購入しました。

新食缶ベーカリーが非常食におすすめな点

f:id:ponpoko37:20191102142504j:image

甘くて普通に美味い

缶詰のパンって聞くと、まずいのでは?と思いますよね。

パン屋の焼きたてとはいきませんが、パン本来の甘みがあり美味いんですよ。食べ応えもバッチリ。しかも、プレーン味は卵を使用してない(エッグフリー)なので、卵アレルギーがあっても大丈夫。

f:id:ponpoko37:20191102143328j:image

割ってみるとこんな感じで、中がしっとり柔らかいです。

災害時などは、多くのストレスがかかります。実際に甘いもを食べたい欲求が強くなることが多いと聞きました。そのため、甘みがあって美味いパンならもってこいなのではと思います。

太陽光に30分ほどあてれば、さらに美味くなる

「電子レンジを使える環境でなければ、太陽光に30分あてると、美味しくめしあがれます」

このように書いてあったので、実際に30分太陽の光にあててみました。

f:id:ponpoko37:20191102150049j:image

「美味くなったかな〜」

実際に食べてみると、ほんのり温かくなってました。さすが太陽だ。

災害の時に電気が使えなくても温かいパンが食べれるなら嬉しいですよね。

賞味期限が5年の長期保存

ponpokoの性格はずぼらな為、以前備蓄していた非常食が全て賞味期限切れになっていたことがありました。

いつ来るかわからない災害だからこそ、賞味期限が切れるリスクを減らすことができる長期保存はメリットだと思います。

これからは、ローリングストック法ができるようにしたいですね。

ローリングストック法とは、回しながら(ローリング)蓄える(ストック)ことです。期限が切れる前に食べながら非常食を蓄えるという意味です

新食缶ベーカリーの悪いと感じた点は?

唯一の問題は、価格だと思います。

1食で400円はさすがに高いかなと思いました。仮に、家族4人が3日間食べたとすると12缶必要となるので、400×12=4800円になります。

しかし、味が美味く5年間も長期保存できることを考えると仕方ないなかもしれません。災害に備えて命を守るためには、価格よりも安心のほうが大切ですからね。

もし、まとめて買うならAmazonなどで購入したほうがお得ですよ。

新食缶ベーカリーの栄養はどうなの?

これ気になるところですよね。

人間には、生きていくうえで必要な基礎代謝量があります。基礎代謝量は、ただ息をするだけでも必要なエネルギー量です。

ponpokoの場合ですと、おおよそ1500〜1600kacl必要になります。

自分の基礎代謝量が気になる方は、こちらのサイトを参考にしてみてください

www.med.or.jp

新食缶ベーカリーの栄養成分

  • たんぱく質6.5g
  • 脂質14.1g
  • 炭水化物46.0g
  • 塩分0.5g
  • エネルギー量337kacl

もし、パンだけで1日に最低必要なエネルギーを摂取するには、1日4缶必要になりますね。絶対に飽きます(笑)

1食分としてのカロリーは少ないですが、他の非常食も食べると考えると、災害時の数日間を過ごす場合は十分問題ないと思います。

まとめ

地震や台風の時は、店頭からパンが一気になくなってしまいますよね。

価格は高いと感じますが、長期保存できることや味も美味く食べごたえがあること。また、災害時に感じるストレスを、甘いパンで発散できることも期待できます。

そんな新食缶ベーカリーは、GETして損はないと思います。

ponpokoぽんぽん