ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

【思春期の娘VS完璧主義者の妻との戦い】価値観が違うのは当たり前。互いにを認める大切さ。




f:id:ponpoko37:20190316173857j:plain

 

みなさんどーもponpokoです。

我が家では、思春期の長女と妻のケンカが絶えません。そして…

また、我が家では口喧嘩のバトルが繰り広げられました( ̄^ ̄)

何故かって?

それは、お互いの主張を一歩も譲らないために起きたのです…

お互い歩みよって、理解してあげることが大切なんですが、それがなかなかな難しい…

 

事の発端は、「忘れ物」から始まりました。

長女が学校からの大事な手紙を、何度言っても忘れて持って帰ってきませんでした。

そこから、バトルが始まりました。

その一部始終をお送りしたいと思います。

 

 

 

第1ラウンド

学校からの大事な手紙を持ってこない長女に対し妻の先制攻撃…

 

「学校から手紙持ってきた?」

 

長女「ごめん忘れた…」

 

「忘れたじゃないでしょ。何回忘れてんの?先週配ったって言ってたから。なんで忘れんの?」

 

長女「忘れちゃったから仕方ないじゃん。

なんで忘れたかなんてわかんないし」

 

長女も負けずとカウンター( ̄∇ ̄)

 

「いつもそう。やっとけって言ったのはやらないし、いつも忘れてばかり。」

 

長女「うるさいな〜仕方ないって言ってんじゃん。」

 

お互い一歩も引かない攻防

 

ハイ、ストップ~話し合いが必要だべ。

 

第2ラウンド

少し話し合いが必要だとponpokoは思い、別室で話し合いを始めました。

 

「いつもそう。こうしてって言ったことはやらないし。部活で泥だらけになったら玄関上がる前に脱げって言ってんのに。洗濯だって、暗くなる前にとりこんでっていつも言ってんのに、やらないだろ。しかも、注意すれば文句ばかり。」

 

長女「だって、謝ってもママは聞かないで、どんどん怒ってくるじゃん。だから文句も言うんだよ。」

 

「謝ってるのなんて聞いたことないから」

 

長女「言ってるし。聞こえないだけだから」

 

出ました( ̄^ ̄)必殺

【言った言わない攻撃】

これが出ると、泥試合になる。

それは、ダメだ。

ちゃんと冷静にお互いの気持ちを聞いて、お互いの考えを理解し合わないといけない。

そうponpokoは思いました。

 

ファイナルラウンド

妻の気持ち

☆言われたことをしっかりやってほしい

☆「だって」や「しょうがないじゃん」などの

言い訳はしない

 

長女の気持ち

☆ちゃんとやってる事だってある

☆怒る事ばかりしないでほしい

 

これらを踏まえて話しました。

妻は綺麗好きであり、汚されるのが嫌い

そして、何事も計画的に行い後回しが嫌い

 

長女は後回しにするタイプで、言い訳をすぐにする。

けど、前にponpokoと話して少しずつ頑張っている。

 

以前ponpokoと後回しにについて話し合った内容はこちらからポチッと

↓   ↓

 

 

www.ponpoko.pro

 

お互いの主張ばかりなために、もう少しお互いの事を思いあった行動ができないか?

とponpokoが提案した。

 

妻に対し、ダメな事をしたら怒るのは構わない。だけど、そのあとに長女の話しを聞くこと。一方的にはダメ。

悪いところばかり目立ってしまうが、逆にいいところを伸ばしてあげよう。

妻みたいに長女は完璧にできる人間じゃない。みな同じ事ができるわけがないし、それが長女だと認めよう。

 

長女に対し、完璧な人にならなくていい。でも自分の主張だけでなく、少しでも忘れないようにしたり、できるように努力すること。あと、ダメな事をして怒られた場合も、反抗期だし、言い返したくなる気持ちもわかるが、まずはきちんと素直に謝ること。

 

を話しました。

家族みんなが同じ考えや価値観ならいいが、そんなはずはないと思う。みな考え方や価値観が違うはず。だから、ぶつかるしケンカにもなる。ケンカになったっていい。だけど、お互いの価値観を認めて、歩みよらないと、このバトルはこれから先もずっと続いてしまう。

だから、まず少しずつでいいから、歩みよっていこうと話し合いました。

 

お互いに握手しようと提案し、握手したが

まぁ、素っ気ない握手だった(笑)(^O^)

 

試合の結果は…引き分け( ̄^ ̄)

です。

ってことで長女と妻のバトルが終了しました。

 

今日はいつもの我が家に戻っています。

 

また、ケンカになってもいい。

けど、みなが同じ考えじゃない事を理解し

お互いを想い合うことができれば、きっとわかってくれるとponpokoは思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^O^)/

ponpokoぽんぽん