ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

中学生から反抗期になった娘。父親としてどう接すればいいのか?


f:id:ponpoko37:20190929110743j:image

みなさんどーもponpokoです。

我が家でも、中学生になってから娘が反抗期になりました。何か言えば「うるさいな」との一言。小さい頃は、トイレまでついてきて可愛いかったのに…

ついイライラしてしまい、父親としてどう接すればいいか悩んだ末に、ある結論にいたったのです。

それは、親の価値観を押し付けずに認めてあげること。そして、しっかり話しを聞いてあげることでした。

たとえ反抗期であっても、心のどこかでは親を必要としているんですね。

 

 

反抗期はいつくらいからなるの?

f:id:ponpoko37:20190929110946j:image

小さい頃の娘は「パパ大好き」「パパと一緒がいい」そう言いながら、トイレにまでついてくるほどでした。

我が子の場合は、小学校高学年から少しずつ兆しは見えていましたが、中学生になってから完全に反抗期になり、口も悪くなりました。

2016年に、明治安田生活福祉研究所が行なった調査によると、反抗期は中学生からが最も多く、次に高校生という結果でした。

2016年 親子の関係についての意識と実態 | 調査研究・レポート | 明治安田総合研究所

反抗期の女子の特徴

  1. 生意気な言葉を使う
  2. 部屋にこもる

我が子の場合も、何か注意すると

「うるさいな。わかったって言ってんでしょ」

「マジ、うざい」

などの生意気な言葉を発し、その後は話しもせずに自分の部屋にこもってしまいます。

男子のように、手を出すようなことはありませんが、うざいはかなりヘコみます。

父親としてやってはいけない接し方

f:id:ponpoko37:20190929111128j:image

これは、実際にponpokoがやってしまった接し方です。

父親の価値観を押しつける

娘に対し、こうであってほしいと思う親心。しかし、子供はそう思っていません。逆に、型にはめようとすればするほど逆上してしまいます。

そのため、「あ〜しろ」「こ〜しろ」と親の思い通りにしようとするのではなく、娘のありのままを認め、受け入れてあげることが必要なのです。

力で抑え込む

いくら反抗期とは言え、まだ中学生。

娘の生意気な言葉に対し、力で抑え込むのは絶対にやってはいけません。かえって逆効果になります。

娘は、さらにパパと口をきかなくなってしまいますよ。

娘の言い分を最後まで聞かない

何か注意をした時に、娘が「だって◯◯だろ」と返したとします。そこで、最後まで言い分を聞かずに、正論を言い返したりしませんか?

叱ることは大事です。

でも、最後まで聞かずにに叱ってだけではダメなんです。「パパは話しを聞いてくれない。わかってくれない」と感じてしまいます。

ponpokoは、娘がどれだけイライラすることを言っても、最後まで話しを聞くようにしていますよ。

その結果、娘が素直に話してくれたこともありましたから。

中学生から反抗期になった娘に、父親の接し方。

まとめると

  1. 親の価値観を押し付けず認めてあげる
  2. 話しを最後まで聞く

反抗期になった娘に対して、父親が意識してほしいことは上記の2つです。

しかし、言うのは簡単ですが、根気がいります。生意気な言葉を言われると、ついイライラしてしまうんですよね。

そんな時は、ゆっくり深呼吸して気持ちを落ち着かせましょう。

おわり

中学生になると、先輩との上下関係や勉強、部活など環境も変わりますし、ストレスも溜まるでしょう。

娘が反抗期であっても、認めてあげ話しを最後まで聞いてあげてください。素直にはなれないかもしれませんが、きっと心のどこかでは親を必要としてますから。

最後まで読んでいただきありがとうございます

ponpokoぽんぽん