ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

小遣い少ないパパでも貯蓄できる簡単な方法。絶対に下ろせない妻銀行


f:id:ponpoko37:20190322142107j:image

みなさんどーもponpokoです。

少ない小遣いじゃ、お金が貯まらない...欲しい物も買えない...

その気持ち痛いほどわかります。

しかし、考え方を変えれば簡単にお金が貯まっていく方法があるんです。実際にponpokoは、その方法で少ない小遣いでも貯蓄できています。

その方法は、小遣いのうちの10%を妻に預けるのです

小遣いを全部使ってしまうから貯まらないのであって、最初から10%をなかったことにしてしまえばいいのです。

では、実際の我が家の貯蓄状況を見ていきましょう。

注意:この方法は多額のお金が貯まるわけでないのでご了承ください。

 

 

パパのお小遣い平均値は?

f:id:ponpoko37:20190926130919j:image

2019年に新生銀行が、サラリーマンのお小遣い(昼食代も含む)を調査した結果…

平均お小遣い額が36747円でした。参考にしたサイト↓↓

https://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2019/190621okozukai_j.pdf

ちなみに、ponpokoのお小遣いは月30000円。平均値より下回ってますね。

この少ない小遣いで、夜勤のご飯代や飲み代なども含まれているのです。

お金が貯められない人の特徴

 ponpokoは、昔からお金を貯めるのが苦手な人でした。

では、これか説明することに当てはまれば、お金を貯めることが苦手な人だと考えられます。

  1. 積み立てを始めるが、10万以上貯まらない。
  2. 500円玉貯金箱を始めるが、最初から5000円分くらい入れてしまう。
  3. クレジットカードを魔法のカードと思ってしまう。
  4. ギャンブル好き

どうでしょうか?いくつ当てはまりましたか?

ちなみに、ponpokoは全部当てはまります(笑)

独身時代に積み立てを始めるが最高12万円。妻と結婚する時の自分の貯蓄は数万円。(情けないですよね...)

こういった場合、小遣いが少ないだけが問題ではなく、あるだけ使ってしまうタイプだからなのだと思います。

小遣い少なくても貯蓄できる簡単な方法

f:id:ponpoko37:20190926131047j:image

冒頭でも説明したように、小遣いをあるだけ使ってしまうなら、妻に預けてしまうのが1番なんです。

では、ponpokoの実体験を例にあげてみます。

小遣いを分割制にしてみる

ponpokoの場合(小遣い月3万円)

1日に→1万円

10日に→1万円

20日に→1万円

こんな感じで、分割制にしました。理由としては、まとめてもらうとあるだけ使ってしまうからです。

小遣いの10%を妻に預ける

1万円の10%なので、1000円引かれると9000円ですよね。

毎回、9000円ずつ小遣いとしてもらい、1000円を妻銀行に貯蓄しているのです。

そうすると、毎月3000円貯蓄される計算になります。

1年→3万6000円

10年→36万円

貯まります。

自分が使いたい時に使えないと思うかもしれませんが、そこがポイントなんです。

妻が持っている以上、簡単に下ろすことは不可能なのですから。だって、銀行の積み立てなら、印鑑と通帳を持っていけばおろせちゃいますよね?

貯められないのだから、簡単に引き出すことができない環境を作ることが大事。だから、絶対に下ろせない妻銀行に預けるのが1番なんです。

ただし、きちんと必要な事を伝え申請すれば、妻はお金を下ろしてくれます。

下の画像は、 ponpokoが実際に貯蓄している

妻銀行の通帳です(笑)

f:id:ponpoko37:20190322140007j:image

見てお解りいただけると思うのですが、何か必要なときには下ろしてくれてます。

たかが、1000円と思うかもしれませんが、塵も積もれば山となる。実際に10万近く貯まりましたよ。

おわりに

いかがでしたか?

もし、少ない小遣いでお金を貯めたいなら、この方法を是非試してみてください。気づいたら、こんだけ貯まってたんだと驚くこと間違いなしですよ。

だって、下ろせないんですから(笑)

 ponpokoは、お金にだらしない為、きちんとお金の管理をしてくれる妻に感謝です。

 ponpokoぽんぽん