ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

部活の車出し多くない?親の負担はどれくらいあるの?




f:id:ponpoko37:20190501080126j:image

 

みなさんどーもponpokoです。

現代の部活動は親の負担が多くなっています。親が追い詰められてしまい、子供に部活をさせてあげれない現状があるのです。

長女はソフトボール部に入部したのですが、毎月の車出しの依頼が多く、共働きの家庭にとっては親の負担が大きいんです。しかし、子供が頑張っている以上、親としては応援したいですよね。今回、部活の車出しについて親の負担はどれくらいあるのか?体験談をもとに送りしたいと思います。

 

 

 

 

車出しについて

わからない方はいないと思いますが、車出しとは、練習試合や大会の時に保護者が部員達を乗せて現地に連れていく事です。部員の親同士でLINEグループを作り、練習試合や大会などの日程を踏まえ車出しの依頼が来ます。

 

どのくらいの頻度であるのか

これは子供のソフトボール部の内容ですが、月に3回。ゴールデンウィークや、祝日の多い月などは6回くらい車出しの依頼が来ます。

ponpokoは仕事上、休みが不規則であり、車出しのために毎回休みの希望を出しています。月3回ならまだいいのですが、6回となるとさすがに上司に言いにくいですよ。しかも、車出しができない親に対して

「○○さんの家は車出ししないし…」などの陰口を言われてる事もあるのです。共働きで、様々な生活背景があるから難しいところだと思いますが、こういった事から親同士の派閥や陰湿なイジメに繋がるんだと思います。

 

車出した時の交通費は?

f:id:ponpoko37:20190503002541j:image

もちろん自己負担ですよ。ガソリン代や高速の料金なども自己負担です。近場の試合ならいいのですが、遠征になると交通費だけでも馬鹿になりません。きちんと保護者会費を集めてるんですよ…

保護者会の決算報告などで、保護者会費がどのような事に使われているか確認するのがいいと思いますね。例えば、保護者会費から遠征時や遠い会場の場合はバスと運転手をお願いするのも1つの方法です。親の負担は減ると思いますが、金銭面では負担になるかもしれませんが・・・ただ、ガソリン代や高速の料金とか考えると、それもありかと思います。

ちなみに、長男はスポーツ少年団に入ってバスケをしてますが、スポーツ少年団の場合は、月々の月謝の中から交通費を支給してくれます。

 

送迎中に事故に合わないか心配

事故は、自分がどれだけ気をつけていても、起こってしまうことがあります。他人の子供を乗せるとなると尚更心配になりますし、もし万が一事故にでもあったらと毎回ヒヤヒヤするんです。

中学に入学した時に日本スポーツ振興センターに加入して、掛け金を支払っています。学校の管理下における事故であれば、給付の対象になると思われますが、自動車損害賠償保険に加入していると二重に受ける事ができないのです。入部時に学校側へ確認することをおすすめします。

 日本スポーツ振興センターのサイトです。登下校時や学校内でのけがや事故。部活同時のけがなど給付の対象など、気になる方は ↓ ↓

www.jpnsport.go.jp

長女のソフトボール部では、車出しの時に起きた事故は、車出しした親の責任であり、保険も自分のも使うんです…誰だって嫌になりますよ。

なぜ車出しが必要なのか

  1. 荷物が多く公共の機関を使うのが大変。
  2. 近隣の学校に同じ部活がなく、練習試合になると遠い学校に行かなくては試合ができない
  3. 遠征試合が多い

などが、主な理由です。

しかし、部活によっては自転車を使ったり、電車やバスなどの公共機関を使って自分達で行く部活もあり、車出しなど一切ない部活もあるみたいですよ。

体育会系なんだし、自分達で行ったほうが体力もつくと思いますけどね(笑)

 長女のソフトボール部は、バットやたくさんのボール。それにヘルメットや、ヘルメットをかける台などを持って行くので、荷物が多く、そんな状態で子供達だけだと電車やバスに乗れないし、自転車で行く事も難しいと思います。

この事から…

部活で使用する物が多い=車出しが多い可能性(ソフトボールや野球など)

と考えられます。しかし、荷物が少ないからって車出しがないとは限りません。

それに、長女の顧問の先生は現地集合。

現地集合なんですよ(笑)普通は、一緒に学校に集合してから行きますよね?先生も一緒に荷物を運んでくれるだけで、親達も協力しようと気持ちがでてくると思うんですよ。引率も先生のやるべき事じゃないんですか?と言いたくなります。引率の先生がいなくて学校管理下なんですか?とね。

 

実際の親の負担の声

 

試合の時は、毎回当番制で保護者が送迎。1日がかりだし家事もできないし、正直しんどい

 

交通費も自腹で、遠征時は1万円以上かかることもある

 

子供の為にやってきたけど、夫は単身赴任で協力できないし、できないと言ったら他の親に何言われるかわからない

このように実際に車出しを負担に思っている親は多いが、なかなか言えない現状があるのです。ちなみに、長女のソフトボール部には、顧問の弁当準備という意味のわからない担当もあるのです・・

 

逆に車出しについて違う意見もあります。

 

バスを借りるとなると、お金の問題でもめそうだから車出しは仕方ない

 

今の世の中物騒だから、送迎は妥当じゃないのか

などの考えもあります。確かに、金銭的な面での負担は増えるでしょうし、子供達だけで帰りになにかあったらと思うのは親として当然だと思います。では、どうすれば親の負担が減るのか?それは・・

話し合うしかないです。
  1. 自分の生活状況を踏まえながら、できないことは無理せずにきちんと伝えること。
  2. すべてができませんではなく、自分にできることはやること。
  3. 車出ししてくれた親には感謝の気持ちをもってお礼を言うことを忘れない

保護者会の話し合いで決まったにも関わらず、文句を言ってくる人はどこにでもいると思います。しかし、親の負担が多すぎて、追い詰められ、子供に部活をさせてあげれない現状があるんです。

家庭環境を踏まえて、できることと、できないことを伝えて話し合うのが1番です。時には、先生や、校長だって巻きこんでいいんですよ。

おわりに

これから部活に入る子だけでなく、スポーツ少年団などもそうですが、親は協力はどのくらい必要なのかを事前に把握する事をオススメします。様々な家庭環境があるので、積極的に協力できる家庭や、あまり協力できない家庭もあり、それは仕方ない事だと思います。

協力できないところは、きちんと伝えていくしかありません。我が家もそうしています。子供が一緒懸命に部活動を頑張ってるから応援したい。その気持ちは、どの親も一緒だと思いますから。

少しでも参考になればと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^O^)/

ponpokoぽんぽん