ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

同期よりも成長しないと悩む新人看護師へ。私からのアドバイス。




f:id:ponpoko37:20190820210620p:image

 

みなさんどーもponpokoです。

同期のみんなより、私は成長していない。いつも怒られてばかり。

新人看護師さんから聞く、よくある悩みです。でも、自分だけ遅れていると感じたら不安になりますよね?

実は、ponpokoもそうでした。先輩にも医師にも怒られ、時には蹴っ飛ばされたこともありました。それでも、看護師を15年続けてこれたんですよ。

そこで、看護師として成長するためのアドバイスを伝えたいと思います

 

 

看護師として成長するためのポイント

  1. 何でも疑問に思うこと
  2. 報告、連絡、相談はしっかり
  3. 患者には、笑顔と日常会話を大切に
  4. 自分だけ遅れていると焦らない

これが、ponpokoが看護師を15年続けてきて感じた、成長するためのアドバイスです。

なぜ、これらが大事なのか説明していきますね

疑問が成長へとつながる

f:id:ponpoko37:20190820210636p:image

例えば、あなたが点滴を交換する場面を想像してください。

点滴を交換するだけであれば、必ずできるようになると思います。しかし、それだけでは残念ですが成長できません。

では、疑問をもってみるとどうでしょう。

  • この点滴はどんな内容なんだろう?
  • 何で、この患者はこの点滴なんだろ?

そうすると、解決する為に調べ勉強し、なぜこの患者にこの点滴が必要なのかアセスメントできますよね?

なぜその治療が必要なのかが理解できると、自分が成長していると実感し楽しくなるだけでなく、自信にも繋がります。

報告、連絡、相談はしっかり

これらは、新人の時に必ず言われることだと思います。しかし、実際には下記のような言葉を新人から聞きます。

  1. 先輩が忙しそうで、いつ話せばいいかわからない
  2. どのように報告すればいいかわからない
  3. 怒られそうで怖い

大切なのはわかっているけど、新人からすれば難しいんですよね。

報告の仕方

例えば、患者さんが39.0度の熱があったとします。あなたなら、どのように報告しますか? 

もし、「39.0度の熱があるんですが」とそのまま言ってしまうのは、ダメな例です。

ponpokoも、医師によく言われました。
「言われたことをそのまま伝えるのは、伝書鳩と一緒だ」と。

そこで大切なのが、なぜ熱があるのかを疑問に思い、原因を考え観察してから報告すること。

  • 手術後なら、術後の吸収熱or創部の感染なのか
  • 嚥下障害があるなら、誤嚥している可能性はないか
  • 中心静脈カテーテルが入っているなら、カテーテル感染の兆候はないか

このように、原因を考え観察したことを踏まえて報告することが大切なのです。

先輩に「おっ、やるな」と言わせてみましょう

報告のタイミング

f:id:ponpoko37:20190820210650p:image

ponpokoは思います。先輩に報告するタイミングを忙しそうだからと悩む必要はないです。

ただでさえ、1年目などは緊張と不安の中、仕事していますよね?その気持ちを理解していない先輩は、正直残念です。まぁ、虫の居所が悪いときもあるでしょうがね。

ponpokoは、新人に指導する際は、小さなことでもいいから報告するように伝えていますよ。

それよりも、簡潔に伝えることの方が大切です。ダラダラと伝えると、結局何が言いたいの?となりますから。

SBARなどのツールを参考にすると簡潔に伝えられると思いますよ。

笑顔と日常会話を大切に。

初めの頃は、緊張してしまい患者さんと、うまくコミュニケーションがとれないと悩みますよね。

そこで意識してほしいのが、笑顔と日常会話。それはなぜか?業務的な関わりになってほしくないからです。

患者さんも、様々な不安を抱えながら入院しているんです。そんな時に、淡々と仕事をする看護師よりも、笑顔があって何気ない会話ができる看護師の方が信頼関係を構築できるんです。

これは、ponpokoが15年続けて得たスキルなんです。

おすすめ記事
患者との関わりで大事な2つの事。笑顔と日常会話を意識しよう。 - ぽこチャレ

是非試してみてくださいね。

自分だけ遅れてると焦らない

初めは、みな同じスタートラインです。

しかし、ある程度遅れを生じてしまうことは、もちろんあります。それは、技術などの得意、不得意もありますし、経験の差によっても変わってきます。そうなると

「失敗ばかりで成長しない」と焦ってしまいますよね。しかし、焦る必要は全くありません。

1年後には、必ず成長の差なんてなくります。だから、自分だけ遅れてるなんて悩まなくても大丈夫ですよ。

ponpokoだって、今だから言える失敗をして成長しましたから。

おすすめ記事
ミスして辞めたいと思ってる看護師へ。今だから言える私の失敗談 - ぽこチャレ

おわりに

ponpokoが経験してきた、看護師として成長するためのポイントを紹介しました。

ただ、成長しない看護師を見たことはありません。多少なり差は出ることありますが、必ず成長しますよ。

そして、最後に一言。

お互い励まし合い、成長しあえる同期の仲間を大切にしてくださいね。

看護師として、きっと成長できますように。

ponpokoぽんぽん