ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

ハワイで置き引きの被害にあり、奇跡的に犯人を捕まえた。被害に遭わないためには?




f:id:ponpoko37:20190331175140j:image

 

みなさんどーもponpokoです。

青い空、青い海

ここがハワイか〜(^O^)/

ponpokoがまだ20代の時に、専門学校の修学旅行でハワイに行きました。

その時に、置き引きには注意するように言われていんですが、まさか本当に自分が置き引きの被害に遭うとは思いませんでした…

しかし、それで終わるponpokoではありません

実はですね…

奇跡的に置き引き犯を捕まえたのです( ̄^ ̄)ゞ

ハワイといえど自分の身は自分で守るしかありません。

そこで・・・

☆ハワイでどのようにして置き引きにあったのか。

☆置き引きされないためににはどうすればいいか

☆もし、置き引きの被害にあったらどうすればいいか

をお送りしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ワイキキビーチで置き引きに遭う

友達数人とワイキキビーチの海に行った時です。初めてのハワイで、テンションも上がりっぱなしだったので、財布などの荷物をビーチの木の所に置いてしまったんです。

そのまま走って海にドボーーーーン

海遊びを満喫してました。

その時、ponpokoが何気なく荷物を置いてきたヤシの木を見たんです。

 

ponpoko「なんか、変な男がウチらの荷物の周りをウロウロしてっぺよ」

 

友達「気のせいじゃねえか?」

 

と友達と話してたが、まぁ気のせいだろうと思い、そのまま遊んでいました。

しばらくして、またヤシの木を見てみると、その男はいなくなっている。

 

ponpoko「ちっと見てくっから」

 

そう言ってponpokoがヤシの木の荷物を見に行くと…

【Oh my God!】

財布や時計にTシャツが無くなってるではあ〜りませんか(ToT)

 

ponpoko「あいつだっぺ?」

 

そう思い、友達を呼び置き引きに遭ったと告げました。

置き引き犯はまだ近くにいるはずだし、なんとなく顔や体格も覚えている。

体格は、ボブサップを一回り小さくしたくらいの体格だった…

こんな感じ

↓ ↓

f:id:ponpoko37:20190331175927j:image

強そう(笑)

でも、泣き寝入りはゴメンだ。

捕まえに行くぞ。

友達みんなで、置き引き犯を探しに行きました。

 

ついに置き引き犯を見つけた

ワイキキ通りを、探しまわりだして少したった時です。

ponpoko「あいつかもしれん」

 

近寄って後ろをついていきました。

そして、ついに声をかけたのです。

 

ponpoko「ちょっといいですか?さっきビーチをウロウロしてた時に、うちらの財布とか盗りませんでしたか?」

 

犯人「○×△☆♪□‼︎」

 

ここである事に気づきました…

誰も英語がわからねぇべよ〜

何を言ってるのか全くわからない…

どうしようとテンパっていると友達が現地の日本人に訳を話して通訳してもらおうと。

 

ponpoko「お〜それは名案だっぺよ」

 

しかも、運がいい事に近くにあったショップの店員さんが日本人だったんです。

犯人が逃げないように、2人で見張りながら、友達がショップの店員さんに頼みに行きました

そして、ショップの店員さんに通訳を頼むと初めて言ってる内容がわかったのです。

簡単に説明すると…

☆これは俺のTシャツだ

☆この腕時計も俺が買っだやつだ

☆金は盗んでいない

と言ってたのです。

 

でも、この言葉を覆す事は簡単でした。

☆まずTシャツは友達のであり、サイズが全然合わないこと。

☆腕時計の針は、日本の時間で合わせたままなので、ハワイの時間とは異なっていること

 

それらを問い詰めていたら、現地の日本人が警察を呼ぼうって事になり数分後にハワイの警察が到着。

 

ponpoko「おーかっこいい」

とか余計な事を思いながらも、

事情を現地の人が事細かく説明してくれました。

そして、犯人も観念したのかついに白状し連行されて行ったのです。

その時に、ハワイの警察官と撮った写真がこちら ↓ ↓

f:id:ponpoko37:20190331175948j:image

置き引きの被害に会わないためには?

ハワイでは置き引きの被害がよくあるみたいです。

ハワイに来たというだけで気持ちが高鳴り、どうしても隙が生まれてしまうのです。

では被害に遭わないためにはどうすればよいか?

 

①ビーチなどに所持品を置いていかない。(特に財布や現金などは絶対だめ。)

②現金はあまり持ち歩かずにカードを使用する

③席の確保のために手荷物を置いていかない。

④いつ誰にとられるかわからないという気持ちを常に考えて行動する

⑤夜になると危険なエリアがあるため、近づかない

・ダウンタウン

・チャイナタウ

・クヒオ通り

などなど

⑥人気のない道や公園には近づかない。

 

事前に危険な地域をリサーチしておくと安心ですね。

 

 

もし置き引きの被害に遭ったら?

①警察に連絡する

電話番号は「911

日本語が話せるオペレーターがいるので

ジャパニーズ オペレーター プリーズ

と言うと日本語が話せるオペレーターが出てきます。

もし不安な場合は、ponpokoみたく近くの日本人に頼むのも1つの方法でしょう。

 

②警察に【盗難・紛失証明書】を発行してもらいます

これは旅行保険で被害を申請するときに必要なので必ずもらいましょう。

 

③それと同時に保険会社にも連絡しましょう

 

 

おわりに

まさか、本当に置き引きに遭うとは思いませんでしたよ。

ビーチに貴重品を置いて遊んでいたponpoko達が悪いのですが、どうしても海外旅行ってことでハメを外してしまいがちです。

でも、犯人が拳銃とか持っていたらと考えるとponpokoも、危ない事をしたかなって思います。

もし、そういった被害に遭われたら、危険なことはせずに自分の身の安全を第一に考えましょう。

 

ハワイは、本当に最高に楽しいとこです。

しかし、そんな観光客を狙ってくる人がいるのも現実なのです。

みなさんもハワイに行くときは、くれぐれも自己管理をして気をつけて楽しんでくださいね。

本当にハワイはいいところですから☆

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^O^)/

ponpokoぽんぽん