ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

採血を失敗する原因にはメンタルが大きく関わっている。




f:id:ponpoko37:20190411024541j:image

 

採血を失敗する原因には、メンタルが大きく関わっています。ベテラン看護師でさえ失敗をしてしまう理由の1つですね。

ただ、メンタルを克服することはなかなか難しく、経験を積んで成功体験を得ていくしかありません。

そこで、メンタルが原因で失敗しないためのコツをまとめてみました

 

 

採血を失敗する原因には、メンタルが関与している

f:id:ponpoko37:20190828201716p:image

では、メンタルが原因で失敗する場面を、例を挙げてみましょう。

  • 痛いから、1回で成功させてねと言われる
  • 失敗すると怒る患者さん(少し問題のある)
  • 前回失敗した患者さんの採血
  • 見るからに血管が触れにくい患者さん
  • 忙しく時間に追われている時の採血

このような場面って、ものすごくプレッシャーに感じませんか?ponpokoも、同じような状況で採血をし、何度も失敗してきました。しかも、「誰か、上手い人いないの?」と言われてしまう始末。

そうるすと、苦手意識がついてしまうんですよね。

例を挙げたらキリがないくらいに出てきます。このように技術は伴ってるのに、プレッシャーに負けて失敗することは本当に多いです。

では、プレッシャーを感じる時に失敗しないコツを教えたいと思います。

注意:ここからは完全にponpokoの経験からくる独断と偏見ですので(笑)

採血の失敗は2回まで

1度失敗し後の採血は、プレッシャーは倍になるからです。もし、3回目をやるとなるとさらにプレッシャーが重くのしかかります。そうなると、失敗するリスクが高くなるのです。

患者さんも更に痛い思いをしなくてはいけないので、2回失敗したら交代することを意識しましょう。

患者さんに協力してもらう

痛い気持ちはわかるが、集中できるように患者さんに協力してもらいましょう。

  • 大声で叫ばないようにしてほしい
  • 採血中は動かないでほしい

大声で叫んだりする場合は、「1回で終わるように頑張りますので、◯◯さんも協力してください」と伝えてみるといいと思います。動いてしまう場合も一緒なのですが、もし認知症があったり協力が得られない場合は、1人でわ行なわずに、他の看護師に協力を依頼しましょう。

できれば、雑談なんかを話しながら行えると、患者さんもリラックスできることがあるので、おすすめです。

失敗すると怒る患者さんの場合

f:id:ponpoko37:20190828191059p:image

このような場合が、最もプレッシャーになるのではないでしょか。必ずどこの病院にもいますよね。そういった人に限って、血管がわかりにくかったりするんですよ。

そんな看護師の天敵に対してはどうすればいいか?

  1. 手の震えを押さえるために、針を刺す瞬間に息を止める。
  2. 刺すときは、ためらわずに一気に
  3. 事前に手を温めておき、血管の怒張を促しておく
  4. 失敗は2回まで。ダメなら、ベテランに変わってもらう。
  5. もし、怒鳴りちらすようなことがあれば、すぐに上司と医師に報告。協力が得られないことを伝えてしまおう。
  6. じゃがいもと思い込む。

⑥番に関しては、冗談半分なところもありますが、半分本気です。それくらい無になるくらいの気持ちがないと、こんな患者さんの場合やってられなくなりますよ。何回も失敗したなら怒られても仕方ないけど、1回しただけで怒鳴る人も実際にいますからね。

時間に余裕の持てる状況で行なう

朝の採血は夜勤看護師の大仕事ですが、どうしても朝の時間はバタバタしまうんですよね。そんな風に時間に追われているときは、焦りから失敗する可能性が高くなります。

ponpokoの職場でも、多いときは朝20人採血することもあります。そのため、検温を先に終わらせてから、採血だけに集中できるように工夫したりしていますよ。

急な時は仕方ないが、あらかじめ時間に余裕が持てる状況で行なうようにしましょう。

成功体験が1番大切

血管を見た瞬間に「無理」と思った時は負け。だいたい失敗する。「難しい血管でも、気難しい患者でもやってみせる」という気持ちが大事。成功体験が必ずしや自信につながります。

失敗してもいいんです。むしろ、失敗しないと成長しません。

どんどんチャレンジしてみましょうよ。

ただ、新人や経験が浅い看護師は、技術面での失敗も多いのです。その場合は、技術を習得することを頑張りましょう。

おすすめ記事
採血が上手くなる方法を教えます。「もう下手くそなんて言わせない」 - ぽこチャレ

まとめ

いかがでしたか?なるほどと思うことはありませんでしたか?

採血の失敗は本当にメンタルが大きいんですよ。どれだけ上手な看護師でも失敗するときはあります。でも失敗を恐れて避けては、上手になれません。 成功体験が大事ですし、経験を積むことが上手になるためには必須です。

なので、どんどんチャレンジしましょう。そして採血の上手な看護師になれるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます

ponpokoぽんぽん