ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

病院であった怖い話し。現役看護師の体験談!




f:id:ponpoko37:20190505164602j:image

 

みなさんどーもponpokoです。

病院で勤務していると、特に夜勤の時などに、怖い想いをする事があります。そりゃ、病院は患者さんが亡くなる事があるので、そういった怖い現象など起きてもおかしくありません。

ponpokoも夜勤をするので、いろいろな現象を経験した事がありますよ。病院ならではのあるある的な怖い話しを、実体験をもとにお送りしたいと思います。

 

 

 

ケース①消えないTV

これはponpokoが1人で夜勤をしている時の話しです。ナースステーションの近くに透析室があるのですが、その透析室には患者さんが見るTVが置いてあるんです。夜勤中に、その透析室から話し声が聞こえてきたので、誰かいるのかな?と見に行くと、暗闇の中でTVがついていました。

誰かが消し忘れたのか?と思い、TVを消してステーションに戻りました。

しかし、その数十分後…

また透析室から話し声が聞こえるのです。さっき消したよな…と思いながら、再度消しに行きました。

しかし、その後…

またTVがついているんです。なんで?なんで?なんで?頭がパニックになりました。

怖い気持ちを抑えて、意を決して消しに行きましたよ。鳥肌たちまくりながら「もうTVは消しますよ」と誰かに言うようにTVをコードごと抜きました。

それ以降は、TVが勝手につくことはなくなりましたが、その夜はあらゆるところの電気をつけ患者さんに謝りながら過ごしました。

 

ケース②亡くなった患者さんがお礼を言いに来た。

これは、以前の同僚の体験なのですが、救急搬送されてきた患者さんが助けられずに亡くなられたんです。患者さんを見送った後に、手を洗っていたんですが、背後に気配を感じたため振り変えると、さっきの患者さんが頭を下げて立っていたんです。たぶん、お礼を言いに来てくれたんでしょうね。怖いというより、温かさがある話しですよね。

 

ケース③ドアの隙間から這いつくばったおばあさんがいた。

夜勤のラウンド時にある部屋の前に行ったんです。少しドアの隙間が空いていたので、開けてみると…

床に人影が見えたんです。腰がぬけるほどビックリしました。恐る恐るライトを当ててみると、歩けないおばあさんがトイレ行こうとして、這いつくばって出てきたんですよ。

一瞬リングを想いだしましたね。

 

終わりに

病院なので怖い話しはつきものですね。他にも、見えない者が見える患者さんがいたり、誰もいないはずの部屋からナースコールが鳴ったりと、まだまだありますよ。

でも、1番怖いのは給料明細を見る時ですね(笑)もう少し給料上げてよって思います。

看護師って、こういう現場で仕事しているんですよ。少しでもドキドキ感を味わってくれたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^-^)/

ponpokoぽんぽん