ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

子連れ再婚は幸せになれるの?結婚から10年経って想うこと。


f:id:ponpoko37:20190520191940j:image

 

子連れ再婚は本当に幸せになれるのか?

世間では、再婚して後悔や失敗したと言われることが多く、なかなか決断できませんよね。

我が家も子連れ再婚です。ponpoko自身は初婚ですが、妻には当時2歳の連れ子がいました。

本当に悩みました。このまま結婚して、本当にお互い幸せになれるのかと。

現在は結婚してから10年以上経ちましたが、今は幸せです。しかし、それまでには多くの悩みや決断がありました。

これから、子連れ再婚したいと考えている人の参考になればと思います。

連れ子がいる女性と付き合うことへの不安

妻とは職場で知り合い、仕事を通し、お互いの距離が近づいていきました。当時の妻が好きでしたが、このまま付き合っていいのか?もし、別れるような事になったら、子供がいる事を知っているのに無責任な事なのじゃないか?

悩みました…友達や、当時の妻の友達にも相談した。

「本当に好きな人の子供なら、大切にするはずだよ。もし別れたって、それは仕方ない。全てを背負う事はない」とアドバイスしてくれたのです。

このように、普通の独身女性の恋愛とは違って先の事を考えると不安になります。

2人でいるときは彼女であるが、家に帰ったら母親になりますし、好きな時に会ったりすることもできません。そのため、これからお互いがどうしたいか話し合うことが大切です。

ただ、付き合ったから結婚しなくてはいけない、責任をとらなくてはいけないと思う必要はありません。あくまでも、まずは1人の女性として付き合うか考えることが必要と思います。

連れ子とうまくいくか

f:id:ponpoko37:20190520192054j:image

始めは、妻も気を使ってくれていたため、子供を預けて会っていました。

どんどん惹かれていくことで、次第に子供にも会ってみたい気持ちがでてきたのです。

それと同時に、連れ子とうまくいくのかと不安もありました。

それからは、少しずつ子供も含め3人で会うようになり、公園で遊んだり、ディズニーランドへ行ったり、旅行に行ったりと一緒に過ごす時間が増えていきました。他人から見れば、本当の親子に見えていたと思います。それが、嬉しかった気持ちと、なぜか悲しい気持ちがありました。もっと、早く出会いたかったと…

そんなつき合いが1年以上経った頃から、お互いに、少しずつ結婚を意識し始めたのです。

親の反対

ponpokoの母親に相談したのですが、当然反対しました。

子供が苦労するかもしれないのに、心から祝福はできない。息子には、幸せになってほしいと想う母親の気持ちなのでしょう。

このまま心から祝福されない結婚に向かっていいのか?本当にそれが、みんなが幸せになれるのか?

悩みました。悩んだ結果…

結婚したい気持ちは変わらない事。妻の子供との関係もどんどん仲良くなっているのもわかる。親に認めてもらうためには、妻の子供と自分の関係を実際には見てもらうしかないと決断したのです。

妻の両親は温かく迎えてくれましたが、問題はponpokoの母でした。

挨拶のため実家に行くと、妻の子供は慣れていない場所のため人見知り状態。でも、なぜか妻の所ではなく自分の膝の上に乗りしがみついていました。
挨拶も無事に終わり、数日後に自分の母親からのメールが来ました。
「あなたたちの様子を見て思ったけど、あれだけ懐いているなら大丈夫かもしれないね」と…
母親も前向きに考えてくれるようになりました。

そして、同性生活をスタートし、その1年後に籍を入れたのです。

 

 

結婚式は挙げるべきか

結婚式を挙げるべきか悩みました。お互いに初婚であれば、迷わず挙げていたでしょう。

悩んだ末に、妻側の両親からの後押しがあり、我が家は籍を入れてから5年後に親族だけの結婚式をしたのです。

再婚だって結婚式を挙げてよかった。我が家は親族のみで挙げました。 - ぽこチャレ

結果的に、幸せな時間を過ごすことができ、式を挙げて正解でした。

しかし、今となると、友人達も呼んで盛大にやりたかったなと思います。

連れ子と実子の差別

f:id:ponpoko37:20190520192428j:image

子連れ再婚での1番悩むことと思います。

連れ子と実子を差別せずに育てることができるのか。

結論から言うと、やはり実子は可愛いと思ってしまう。妻の子には寂しい思いさせないようにと、一緒の時間をたくさん過ごしたのですが、成長とともに、反抗するようになると、ちょっとしたところで差別してしまうことがありました。

今思えば、ponpokoの身勝手なのだと思います。

子は親を選べません。再婚で、妻の子の人生は変わってしまった。なら、例え実の親でなかったとしても、この子が幸せな人生だったと思えるように育ていくべきではないのか。

それが、ponpokoの責任なんだと思います。

今、妻の子は中学生になり、もう10年以上も一緒に暮らしてます。以前よりも血の繋がりを意識する事は少なくなりました。一緒に暮らした月日がそうさせてくれているのだと思います。

しかし、まだ1つだけ解決していない問題があります。

子供に打ち明けていない

実は、まだ自分が本当のパパでない事は知りません。

今でも迷っています。本当は、もっと早くに伝えるべきなのではないのかと。

子供に対しての事実を知らせていない罪悪感はもちろんありますし、話した事でどう感じるかの不安もあります。

  • 思春期に入る前に話したほうがいい
  • 成人してから話すべき

など、その子の性格にもよるかもしれませんが、どれが正しいかもわかりません。

ただ、成人するまでには伝えようと思っています。

本当に、身勝手でですよね。

子連れ再婚は幸せになれるのか?

今は幸せです。

しかし、それは親の気持ちだけ。

事実を知った子供は、深く傷つくと思います。しかし、それを乗り越えたとき、本当に心から幸せだと言えるのではないでしょうか。

これからも変わらず、ponpokoの子供として育てて行くつもりです。そして、子供の目線で考え、一緒に答えをみつけられたらと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます

ponpokoぽんぽん