ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

子連れ再婚への悩みと決断。結婚から10年以上経って想ったこと。




f:id:ponpoko37:20190520191940j:image

 

ponpokoは、10年以上前に結婚しました。現在の妻とは職場で知り合い、仲良くなりお互いに惹かれていったのです。

しかし、そこには大きな壁がありました。当時の妻には、2歳の子供がいたのです。

最初の迷いと決断

当時の妻から、付き合ってほしいと言われました。そして、2歳の子供がいる事も話してくれたのです。

自分も、当時の妻が好きでしたが、このまま付き合っていいのか?もし、別れるような事になったら、子供がいる事を知っているのに無責任な事なのじゃないか?

悩みました…友達や、当時の妻の友達にも相談した。友達も親身に考えてくれた結果、

「本当に好きな人の子供なら、子供の事だって大切にするはずだよ。もし別れたって、それは仕方ない。全てを背負う事はない」

そう思い、つき合い始めました。

これが第1の悩みと決断です。

第2の迷いと決断

f:id:ponpoko37:20190520192054j:image

始めの頃は、妻も自分に気を使ってくれていたのか、子供は親に預けてから会っていました。月日が流れ、自分は妻に言ったのです。

「子供も一緒に遊ぼうよ」と

それからは、子供も含め3人で会う事が多くなりました。子供は、まだ2歳であり無邪気で可愛いかったです。一緒に公園で遊んだり、ディズニーランドへ行ったり、旅行に行ったりと一緒に過ごす時間が増えていきました。他人から見れば、本当の親子に見えていたと思います。それが、嬉しかった気持ちと、なぜか悲しい気持ちがありました。もっと、早く出会いたかったと…

そんなつき合いが1年以上経った頃から、お互いに、少しずつ結婚を意識し始めたのです。

しかし、そこにも大きな壁がありました。

子供を本当に自分の子として育てていけるのか?もし2人の間に子供が産まれた時、分け隔てなく育てる事ができるのか?

母親に相談したのですが、母親は当然反対しました。

子供が苦労するかもしれないのに、心から祝福はできない。息子には、幸せになってほしいと想う母親の気持ちなのです。

ここで、第2の迷いと決断をしました。

母親の気持ちを考えると、このまま心から祝福されない結婚に向かっていいのか?本当にそれが、みんなが幸せになれるのか?

悩みました。悩んだ結果…

結婚したい気持ちは変わらない事。妻の子供との関係もどんどん仲良くなっているのもわかる。親に認めてもらうためには、妻の子供と自分の関係を実際には見てもらうしかないと決断したのです。

 

 

お互いの親に挨拶しに行く事にした

お互いの親にしっかりと挨拶できていなかったので、日取りを決めて会いに行きました。

最初に妻の実家に挨拶に行ったのですが、両親ともに温かく迎えてくれ、結婚を考えている事に賛成してくれました。妻の子供と自分の関係を見ていると、本当に懐いているんだと妻の両親は言ってくれました。

次に、自分の母親に3人で挨拶に行きました。反対されているのはわかっているのですが、思っていたよりも、温かく迎えてくれたのです。しかし、妻の子供は慣れていない場所であり、人見知り状態。でも、なぜか妻の所ではなく自分の膝の上に乗りしがみついていました。

挨拶も無事に終わり、数日後に自分の母親からのメールが来ました

「あなたたちの様子を見て思ったけど、あれだけ懐いているなら大丈夫かもしれないね」と…

前向きに考えてくれた母親へ感謝し、それから同棲生活がスタートしました。子供との関わりを大事にしたいと思い、保育園の遠足の時には、喜んでもらいたい気持ちで自分が毎回キャラ弁を作ったりもしました。そして少しずつ前に進んでいったのです。

そして、1年後の12月に籍を入れたのです。

分け隔てなく育てられるのか

f:id:ponpoko37:20190520192428j:image

その後、長男も誕生しました。妻の子供(これ以降は長女と書きます)と分け隔てなく育てられるか当初は少し不安でした。その為、長女には寂しい思いさせないようにと、長女との時間をたくさん過ごしたのです。

こんな自分をパパと呼んでくれる長女が可愛いくて仕方ない反面、本当に血が繋がっていたらなと思ってしまう自分がいたのです。それを理解した上で結婚してるのはわかってます。しかし、その気持ちはなくなりませんでした。

今、長女は中学生になり、もう10年以上も一緒に暮らしてます。以前よりも血の繋がりを意識する事は少なくなりました。一緒に暮らした月日がそうさせてくれているのだと思います。

しかし、まだ壁が1つだけ残っているのです。

 

最後の壁

実は、まだ長女は、自分が本当のパパでない事は知りません。

なぜか?それは、妻と両親と話し合い、高校生になった時に話そうと決めているからです。

迷いました。本当は、もっと早くに伝えるべきなのではないか。小学校に入れば物事の理解もできるようになるから、小学校に入学してからの方がいいのでは?本当に悩みました。

しかし、妻や両親と話した結果、高校生のタイミングでとなったのです。もっと早くに言うべきだろうと思う方もいると思います。どれが正しいかはわかりません。

長女に対しての事実を知らせていない罪悪感はもちろんありますし、話した事で長女がどう感じるか不安もあります。

けれど、今できることは、長女に対し自分ができる限りの愛情を注いであげること。血は繋がっていなくても、自慢のパパだと思ってくれるように、これからも長女との時間を大事にしたい、立派に育てたいと思っています。

長い時間、一緒に過ごしていると性格も、顔もなぜか似てくるんですよね(笑)本当にそう思います。

10年以上経って今想うこと。それは…

長女は、誰がなんと言おうが俺の子供。これからも大切に育てていこう。そう思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

ponpokoぽんぽん