ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

失敗を怖がる子供に伝える言葉。失敗はナイスなんだ。




f:id:ponpoko37:20190522000051j:image

 

みなさんどーもponpokoです。

人生の中で失敗とは、誰しもが経験することであり、失敗を重ねて人は成長していくのです。しかし、子供は失敗を恐れます。

 

我が家の長男も同じでした。失敗することを恐れ、チャレンジできない。叱られるのを恐れ、我慢してしまう。しかし、そのようにさせてしまった原因は、親にあったのです。

それからは、子供の自発性を伸ばそうと考え、子供にある言葉を伝えていきました。

その言葉は・・失敗はナイス

 

失敗を恐れる理由

  1. できない自分を受け入れられない
  2. 失敗して叱られるのが怖い
子供自身の気質もありますが、親にも原因があると思うのです。
いい子でいないと嫌われてしまう

失敗して叱られると、ものすごく落ち込んでしまう子ですね。まさに長男がそうでした。長男はミニバスをしているのですが、毎日自主練習をかかさずにやっています。しかし、毎回教えてもできない部分を指摘すると、すぐにへこんでしまうのです。

長男は、長女の叱られている様子を見て育ったため、褒められるように努力する子でした。それが、原因で褒められるいい子でいようとなり、少しの指摘でもへこむようになってしまい、失敗を怖がるようになってしまったのだと思います。

いい子であることを褒め、失敗すると叱る。そう接してしまった親の原因なのだと思います。

失敗して叱られるのが怖い

失敗した事の理由も聞かずに、頭ごなしに叱ってしまう。これも、親としてはよくやってしまうことではないでしょうか?誰だって失敗するのに、叱ってしまう。そうすることで、子供は失敗することに怖さを覚えてしまうのです。

親だって失敗するんですよ・・・

f:id:ponpoko37:20190522000459j:image

失敗を怖がる子供の関わり方

トーマス・エジソンの名言がありますよね。

 

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまくいかない方法を

見つけただけだ

引用:トーマス・エジソン

失敗から得られるもの=うまくいかない方法を見つけられるのです。

失敗した事を、叱るのではなく、なぜ失敗してしまったのかを一緒に考えてあげるのです。失敗してもいいから、どんどんチャレンジしてみよう。そうすることで、成功体験ができ、子供の自信に繋がっていくのだと思います。

親に認めてもらいたいから、子供なりに必死になっている気持ちを考えると、抱きしめてあげたくなりませんか?いい子でなくたっていいんです。たくさん失敗して、子供なりにどうすればできるのか考えるようになります。

「たくさん失敗したね」と、いいことも失敗したことも褒めてあげましょう。

そんなときに子供にかけてほしい言葉・・・失敗はナイス

おわりに

子供だって大人だって失敗は怖いです。

子供の失敗を叱るのでなく、失敗してもいいからチャレンジしてみようと声をかけてほしいのです。親の関わりか方1つで、子供の自発性を伸してあげられるのです。

どんどんチャレンジさせてあげてください。子供の可能性は無限ですから。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ponpokoぽんぽん