ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

楽して稼ぐには場所選びが大事!派遣看護師の単発夜勤。


f:id:ponpoko37:20190602175227p:image

 

みなさんどーもponpokoです。

看護師の派遣の中で、単発の病院の夜勤があります。病院だけでなく施設もありますが、病院の夜勤って実際どうなの?きつくない?と不安になりますよね。

ponpokoも単発で病院の夜勤を行ってみたのですが、正直疲れました。結論としては、楽して稼げるのは、本当に場所によってなのです。

実際の体験談したことで感じた、単発夜勤のメリット、デメリットをもとにお送りしたいと思います。

 

 

 単発の夜勤の体験談

某派遣会社より紹介され、とある病院の単発夜勤に行きました。事前に仕事内容は派遣会社より聞いていましたが、実際に行くと何部屋か受け持ちをお願いされたのです。しかも、術後の患者さんまでいました。

いきなり単発で行き、受け持ちなんて無理と思いましたが、言うこともできずに業務開始に。なんとか、事故を起こすことなく朝を迎えられました。

しかし、病院のスタッフから「仕事が遅い」など言われたのです。初めての病院で右も左もわからない、物品の場所もわからない。患者さんも把握できない。そんな状況下で、あのような言葉を言われると思いませんでしたね。2度とあの病院には行かないと思い、派遣会社にも報告したのでした。

単発の夜勤のメリット

夜勤の単価が高い

f:id:ponpoko37:20190602175646j:image

看護師の夜勤は1回あたり約30000〜40000円と高額です。単純に考えると、月に10回夜勤をすると30000円であれば30万円稼ぐことができますよね?

救急外来やICUなど多忙な場所であると金額が高くなる傾向があります。よく、派遣会社さんから、救急外来の40000円の案件がありますがとおススメされましたよ(笑)

介護施設なども案件があるので、ある程度の金額が貰え、少しでも楽をしたいのであれば病院はあまりオススメできません。バリバリ働いて稼ぎたい看護師さんには、救急外来などがいいと思います。

スタッフとの人間関係に悩まされない

正社員で働くとなると、職場環境や人間関係に悩むことは、よくあることです。

しかし、単発の夜勤の場合はその日の業務をこなせばいいので、ぶっちゃけ人間関係なんて気にしません。よくしてくれる看護師さんに当たったらラッキーと思うくらいです。中には、派遣看護師さんに、本当に優しく接してくれるスタッフもいますよ。

ponpokoのように、嫌味を言われたとしても、仕事が終われば会うこともないので、患者さんの事だけ考えていればいいんです。

場所によっては楽に稼げる

f:id:ponpoko37:20190602175339p:image

実は、穴場的な場所が時々あるのです。ponpokoの場合は、クリニックが穴場でした。泌尿器科のクリニックで派遣として働いていましたが、夜勤は本当に楽でしたよ。

クリニックなので19床以下であり、患者さんの人数も多くても5人くらい。場合によっては2人の時もありました。

また介護施設にも穴場はあります。介護施設ですと、介護福祉士やヘルパーさんが対応してくれるので、バイタルの臨検であったり、転倒防止の見守りなどが主な業務でした。それ以外は待機室で待機している穴場な施設でしたよ。

デメリット

派遣場所によって当たりハズレがある。

メリットでも説明しましたが、場所によってなんです。もう2度と行かないと思う病院もあれば、リピートしたいと思う病院もあります。

なるべくハズレを引かない為には

  1. 始めは日勤で行ってみる。いきなり夜勤ではいかない。
  2. 派遣会社がいつもすすめてくる案件は、ハズレが多い印象。人気なところはすぐになくなってしまう。

気になる病院があれば、まずは日勤で行ってみるのも1つの方法。夜勤よりも拘束時間が短いし、実際に行ってみると雰囲気などもわかります。

また、派遣会社がすすめてくる案件は、ハズレが多い印象なんです。いつも聞く病院名や施設名は、なかなか決まらない=人気がないので注意したほうがいいです。

しんどい

全く初めてな病院や初対面のスタッフ。全くわからない患者さんと関わるので、正直しんどいですね。

そのため、自分に合った病院や施設が見つかった場合は、ずっと同じ場所にしたほうが、間違いなく楽ですよ。

まとめ

派遣の単発夜勤のメリット

  1. 夜勤単価が高い
  2. スタッフとの人間関係に悩まされない
  3. 場所によっては楽に稼げる

派遣の単発夜勤のデメリット

  1. 当たりハズレがある
  2. しんどい

結論は、稼げるけれど楽をしたいなら穴場的な案件を見つけるしかないんです。結局は行ってみないとわからないんですね。

自分のライフスタイルに合わせて、どんなところでもバリバリ稼ぎたいと思う人は、気にする必要はありませんが(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます

ponpokoぽんぽん