ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

亡き父ちゃんへの想い。いつも見守ってくれてありがとう。




f:id:ponpoko37:20190618200304j:image

 

みなさんどーもponpokoです。

今週のお題「おとうさん」

父ちゃんは、ponpokoが5歳の時に事故で亡くなりました。

まだ小さかったので、父ちゃんとの思い出はあまりありません。一緒にキャッチボールしたり、一緒に釣りに行ったりなどできませんでした。本当は、もっと父ちゃんとの思い出がほしかった。

でも、小さいながらにも1番記憶に残っている父ちゃんがいます。

うちの父ちゃんの記憶

父ちゃんの職場へ、母ちゃんと車でよく迎えに行っていました。

いつも、ponpokoは助手席の後ろに隠れて、父ちゃんが車に乗ってきた時に、驚かすのが好きでした。

「わあ」と驚かすと、父ちゃんは毎回ビックリしたように反応してくれていました。それが、楽しくて楽しくて。

いつも、父ちゃんはponpokoがいるのを知っているけど驚いたフリをしていてくれたんです。

そんな優しい父ちゃんが大好きでした。

 

ponpokoも、今では3人の父ちゃんです。仕事から帰ってきた時に、子供が同じように玄関の近くに隠れて驚かすことがよくあります。

小さい頃の自分を見ているような感じでした。よくやっていたな〜。いるのわかっているけど、こんな風に父ちゃんも驚いてあげてたんだな〜と思いました。

 

歳を重ねるにつれ、父ちゃんと会って話したり一緒に大好きだった酒を飲んだりしたいという想いが強くなりました。

孫達を見たら、どんな顔するかな…

歳をとったponpokoを見て、どんな反応するのかな…

と考えたりします。

でも、きっと天国から見てくれるよね。だって、ponpokoが2度も大きな事故を起こしたときも助けてくれたから。父ちゃんが助けてくれた奇跡だなって、今でも想っているよ。

 

父の日になると思います。

父ちゃん、いつも見守っていてくれて本当にありがとうと。

そして、父ちゃんのように子供達にいっぱいの愛情を伝えよう。そう思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます

ponpokoぽんぽん