ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

看護学生さん!インターンシップは絶対に行くべき。その理由は?


f:id:ponpoko37:20190822185707j:image

みなさんどーもponpokoです。

看護学生さん、インターンシップには絶対行ったほうがいい。

新人看護師が辞める原因の1つに、職場の人間関係があります。せっかく希望を持って入職したのに、雰囲気や人間関係に悩むのは嫌じゃないですか。

そのため、実際に自分が働きたいと考えている病院の雰囲気を、しっかり見てきてほしいのです。そのためのインターンシップといっても過言ではありません。

では、実際にインターンシップのポイントを説明したいと思います。

 

 

職場の雰囲気を知るためのポイント

では実際に、どういったところを見ればいいの?と悩むあなたへアドバイス。

それは、実際に働いているスタッフの顔を見るのです。

  • どんな顔をしてスタッフは仕事しているのか?
  • 患者さんと話すときは、どんな顔をしているのか?

インターンシップに行くと、入職してほしいがために、いい事ばかり言ってくる可能性があります。全てを否定するわけではありませんが、自分の病院を悪く言う人はいませんよね?

ですから、現場のスタッフの顔を見るのです。

スタッフの顔を見る

看護師達がどのような表情で働いているか見てみましょう。

  • 楽しそうに仕事をしているか
  • 常に、イライラしたような様子で働いていないか
  • 他職種の人と話している時の表情は?
  • スタッフ同士、声をかけあっているか

などを見れるといいと思います。

とくに、新人看護師さんがいれば、その人のを見てみるとよりわかりやすいと思います。

ただ、誰が新人さんなのかわからないとは思うので、新人さんと話ししてみたいのですが?と聞いてみるのも1つです。

挨拶をしてみよう

スタッフとすれ違った時に挨拶をしてみましょう。挨拶は、コミュニケーションの始まりでもあるので、気持ちよく返ってくるか見てみるのです。

ponpokoの職場の場合、医師だろうが誰だろうが必ず挨拶しますよ。

インターンシップに行った先で、無視されるようなことがあれば論外ですね。

雰囲気を知るためのpoint
  • 現場のスタッフの働いている顔を見る
  • 挨拶して、気持ちよく返ってくるか

これらが、職場の雰囲気を見るためのポイントですね。

インターンシップにいく時期は?

f:id:ponpoko37:20190822190015p:image

おすすめな時期

  • 専門学校なら2年生の夏
  • 看護大学なら3年生の夏

つまり、国家試験の前の年であり、休みが長い夏がおすすめです。実際に、ponpokoの病院に来るインターンシップも上記の時期が1番多いですね。

交通費や宿泊費は?

遠方から来る場合、交通費や宿泊費は病院が負担してくれることがあります。

実際に来た学生さんの例

(1日目)

夜行バスで埼玉へ。そしてA病院のインターンシップ行き、その日はponpokoの病院が準備したホテルに宿泊

(2日目)

ponpokoの病院にインターンシップ。その後、少し観光してから、夜行バスで帰る

このように、宿泊しながら数ヶ所の病院にインターンシップに行く学生さんが、結構います。

交通費や宿泊費は、支給されるのか事前に確認してみましょう。

インターンシップは数ヶ所の病院に行こう。

f:id:ponpoko37:20190822185728p:image

間違いなく1ヶ所だけでなく複数の病院に行くことをおすすめします。

学生は、就職説明会などで気になった病院に行くと思うのですが、実際に行ってみると「なんか違うな」と思うことがあります。

病院によって職場の雰囲気が違いますので、何ヶ所かインターンシップに行き、自分に合った病院なのかを見極め必要があるからです。

その時に、先程説明したポイントを踏まえて見ていただけるといいと思います。

決断に悩むときは、もう1度同じ病院に行ってみよう

すごく病院が気にいったし、ここで働きたいと思うけど、本当に大丈夫なのか…

そのように悩み、決断できないこと結構あります。そんな時は、もう1度同じ病院に行くことも可能なんですよ。

実際に、インターンシップに来たけど決断できずに、もう1度来た学生さんもいるんです。それだけ、慎重になっている証拠なんですから。

まとめ

職場環境というのは本当に大事。

せっかく看護師になったのに精神的に病んでしまい、休職や退職に追い込まれてしまうことは少なくありません。

そのため、インターンシップに行き実際に自分の目で見ることが大切なんです

アドバイスを参考にしていただき、自分に合った職場で、楽しく仕事ができるといいですね。

ponpokoぽんぽん