ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

採血が上手くなる方法を教えます。「もう下手くそなんて言わせない」




f:id:ponpoko37:20190831171610p:image

 

みなさんどーもponpokoです。

採血で失敗して、患者さんから「下手くそ、ほかの人に変われ」なんて言われるとへこみますよね。

その気持ち、痛いほどわかります。

でも、どうやったら上手くなるんだろう?と悩んでいませんか?

採血が上手くなるコツは、まず、たくさんの経験が必要です。しかし、それだけでなく、これから説明するポイントを意識することで、失敗するリスクを減らすことができます。

採血が苦手な看護師さんは必見ですよ。

 

 

採血に適した血管を選択しよう

血管選びが出来ていないと、失敗する可能性は高くなります。なんとなく、この血管なら見えてるからではダメです。

採血に適した血管の特徴
  • 表在性がある
  • 弾力がある
  • 真っ直ぐ

この3つを兼ね備えた血管が、理想なんです。それを意識して、下記の画像のような

f:id:ponpoko37:20190829211625j:image

  1. 肘正中皮静脈
  2. 橈側皮静脈
  3. 尺側皮静脈

の血管を狙っていきましょう。

まず、1番初めに狙う血管は、肘の真ん中にある肘正中皮静脈。それがダメなら、橈側皮静脈か尺側皮静脈を選択します。

適切な血管を選択することが、成功させる1つのポイントですよ。

注意

尺側静脈付近は、刺入角度が深いと上腕動脈や正中神経を刺してしまうおそれがあります。しかし、どの部位に関しても、神経損傷を起こすリスクはあるので注意が必要。

肥満で血管が見えにくい場合

肥満の場合は、皮下脂肪が厚く血管が見えにくいだけでなく、触ってもわかりにくい場合が多いです。

しかし、ponpokoの経験上、皮下脂肪が厚くてもしっかり見て触って確認すると、肘正中皮静脈が確認できることが結構あるんです。

最初から諦めずに、まずは見つけてみましょう

それでも見つからない場合は、手背の血管を選択という流れですね。

f:id:ponpoko37:20190830202739j:image

このように、手背の場合は表在しているのでわかりやすいですが、手関節部が邪魔になり刺しにくい場所でもあります。

手背で上手く採血するポイント

  1. 表在しているので、刺す際に角度をつけすぎない
  2. 翼状針を使うと、安定しやすい
  3. 血管の固定はしっかり

痛みを伴う場所なので、「大丈夫かな?」と迷わず一気にいきましょう。

腕から採血ができない場合

  • 麻痺がある側
  • シャントがある側
  • 乳がんで手術をしている側
  • 輸液をしている側

などは、基本採血は禁忌になっています。そのため、腕からできない場合は足の静脈から行います。

f:id:ponpoko37:20190830224448j:image

足からの採血は、画像の大伏在静脈から行います。血管も、表在性があり、弾力があってまっすぐな場合が多いです。

足の場合も痛みを伴うので、迷わず一気にいきましょう。

先ほども説明したように、血管選びができないと失敗するリスクが高くなります。

しっかり見て、触って確認することを意識して血管を選択しましょう。

血管が見えない時の対応

f:id:ponpoko37:20190831171800p:image

血管が見えない場合は、どうすればいいか?これから紹介することは、たくさんの看護師が実践しているはずです。

腕を温めてみる

温めることで、血管が拡張し見えやすくなることがあります。

ponpokoは、清拭に使うホカホカのタオルを、ビニール袋に入れ、その上からタオルを巻き腕を温めてますよ。

40℃前後なら問題ありません。

腕を心臓より下にする

心臓より下にすることで、血管が怒張し見つけやすくなることがあります。

ベッドの上であれば

  1. ベッドUPし、頭を高くしてみる
  2. 座位がとれるなら、テーブルに腕にを置き心臓より下にしてみる

患者さんに聞いてみる

患者さんに、いつもどの血管で行なっているか聞いてみるのも1つの方法です。

慣れている患者さんなら、自分から言ってくることもありますよ。

「どの血管から採血されてますか?」と聞いてみるといいでしょう。結構、患者さんが教えてくれて気づくことも実際にありますから。

これで、血管を見つけるのは大丈夫ですね。次は、刺す時に失敗しないコツを説明していきます。

血管が逃げないように固定しよう

血管を決めて、いざ針を刺すと右に左に血管が動いてしまう。これは、失敗する原因の1つです。

では、どうすれば動かないかというと

f:id:ponpoko37:20190830234320j:image

このように、皮膚を手前に引っ張るようにし血管が動かないように固定するのです。そして、迷わずに一気に刺しましょう。

固定するのは、必須ですので絶対に忘れないように。

血液の逆流をしっかり見よう。

特に新人看護師さんに多いですね。緊張から針先ばかりに集中してしまい、血液の逆流に気づかないんですよね。

そのまま進めてしまうと、血管を突き抜けてしまい失敗します。

経験を積んでいくと、針が血管壁を越えた時に「プツ」と感じることがあります。それを感じれるようになると、「あっ、入った」とわかるようになります。

しかし、毎回感じるわけではありませんので、基本は、しっかりと逆血を確認するのが1番です。

逆血が確認できたら、もう少し針を進めよう

血液の逆流が確認できても、それは針が血管の入り口に到達したにすぎません。その場合、スピッツを交換する時に針が動いて抜けてしまうことがあります。

そのため、血液の逆流が確認できたら、針を水平にし2〜3mm進め、血管内にしっかり留置するようにしましょう。

採血する時の環境を整えよう

これも、めちゃくちゃ大切です。

  1. 刺す血管に対し、やりにくい位置から行う
  2. 物品が届きやすい位置にない

など、採血する環境が悪いことがあります。

f:id:ponpoko37:20190831010528j:image

画像のように、刺す血管に対して、看護師が真っ直ぐな位置から行わないと、失敗する可能性が高くなります。

また、物品が届きにくい場所に置いてしまい、採血中に針が抜けてしまうなども考えられるのです。

ベッド柵を外したり、患者さんの位置を直したり、自分が採血しやすいように環境を整えるのが大切なのです。

動いてしまい、協力が得られない場合は?

認知症の患者さんや小児などは、動いてしまい失敗することがあります。

認知症の患者さん

説明しても協力が得られず、動いてしまう場合は、まず1人では無理です。

そういった時は、応援を呼んで腕を抑えてもらうしかありません。どこにこんな力があるんだと思うくらい、動きますから…

小児の患者さん

子供の場合「腕は動さないこと約束だよ」と採血する前に約束事をするといいですよ。

そして、守れたらいっぱい褒めてあげましょう

また、年齢に合わせて子供の好きそうなことを話しながら行うと、大人しくしていることもあります。

好きなキャラクターだったり、好きなスポーツなど、子供を見ているとヒントが見つかりますよ。

失敗する原因には、メンタルも関わっている

技術に対して、上手くなるコツを説明してきましたが、失敗する原因にはメンタルも大きく関わっています。

おすすめ記事
採血を失敗する原因には、メンタルが大きく関わっている - ぽこチャレ

ponpokoも、初めて採血したときは、尋常じゃないほど針を持った手が震えましたから(笑)

そりゃ、緊張しますよね。人に針を刺すのだから…

それを克服するためには、たくさん経験して成功体験をするのが1番です。

まとめ

いかがでしたか?

採血が上手くなるコツを紹介しましたが、これらを意識すれば成功する可能性が高くなるはずです。

でも、採血が1番うまくなる方法は、たくさん経験を積むことだと思います。どんどんチャレンジして、成功体験をすれば必ず上手になりますよ。

頑張ってください!

ponpokoぽんぽん