子育て

キディガードを一条工務店で取り付け!1年使ってわかったメリットとデメリット。

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちするようになると心配になるのが階段からの転落。

そうなるとベビーゲートを取り付けようか?と悩まれるはずです。

我が家でも、息子がハイハイするようになったのをきっかけに一条工務店にお願いして「キディガード」を取り付けました。

でも、決して安いものではないキディガードなので、実際に使ってみてどうだったのか?と気になるところでしょう。

正直な感想はデメリットの方が多いです。しかし、それ以上に子供を守ってくれる安心感の方が強いので取り付ける価値は十分にあると思います。

ponpoko
ponpoko
階段から落ちて怪我することなく、息子が2歳になることができたのもキディガードのおかげだと今でも思っています。

そこで、実際に1年間使用してみて感じたメリットとデメリットをまとめてみましたので参考にどうぞ。

そもそもキディガードってどんなの?

キディガードはロール式のベビーゲートのことです。

よく思い浮かぶような突っ張って取り付ける柵とは違い、ビスを打って壁に固定するので安定感もあります。

我が家は一条工務店のi-smartで建てたのですが、階段がオープンステアのため片側に壁がありません。


そのため、一般的な突っ張るタイプのベビーゲートはとりつけられないのでキディガードを取り付けることに。

ponpoko
ponpoko
キディガードって一条工務店のオリジナル商品かと思っていたら普通にAmazonとかでも売っているんですよ。知らなかった(笑)

壁に穴を開ける作業が必要なので、こういった作業が得意な人は自分で取り付けることができると思います。ただ、私は超不器用なので一条工務店に取り付けをお願いしました。

キディガードのデメリット

まずは、キディガードを使ってみて感じたデメリットから伝えていこうと思います。

慣れるまでは使いづらい

最初のうちはロールがうまく出てこなかったり、引き出せたとしても反対側にうまく引っかからずにやり直しってことが多くありました。

また、ロールを引っ張りだすためにはロック解除が必要なのですが、画像のように解除するためのツマミが手すりの位置にかぶってしまい、これがまたやりづらい。

取り付け業者によると、ロック解除の位置がこうなってしまう家は多いそうです。

ponpoko
ponpoko
もちろん慣れてくればスムーズにできるようになりますよ。

毎回の開け閉めがめんどくさくなる

スムーズに開け閉めができるようになったけど、私はこの手間が面倒になり毎回またぐようになってしまいました。

私がそれをやっていたら家族全員がゲートを開けずにまたぐように…

そして購入から1ヶ月経たずに悲劇が…

私がいつものようにまたごうとしたところ、メッシュのゲートに足が引っかかってしまい、キディガードを破壊してしまったのです。

幸いにも固定してあったビスごと抜けてしまっただけなので、一条工務店にもう一度取り付けをお願いしました。自分がやってしまったことだから修理代は仕方ないと覚悟を決めていたのですが、よくわからないけど修理代をタダでやってくれたのです。

ponpoko
ponpoko
マジで感謝です。でも、妻にはめちゃくちゃ怒られましたけどね。

なので、キディガードは絶対にまたがないほうがいいです。

2階のキディガード

2階側も絶対にまたがないように!失敗して転落したら怪我だけじゃすみませんよ…

開けるときの音がうるさい

キディガードを閉めるときは静かなのですが、開けるときはロールを巻き取る音が「ガガガガガ」とうるさい。

その音のせいでせっかく寝た息子が起きてしまうことが何度もありました。

ponpoko
ponpoko
なので夜寝かしつけた後は深い眠りにつくまでは開けないようにしています。

価格が高い

私が一条工務店で取り付けたときは価格は工賃込みで39160円(税込み)

階段下(1階側)にしかキディガードをつけないなら、この半額の価格になると思いますが、2階側にもつけるとなると約4万円…値段になるのでお金がかかります。

キディガードはAmazonだと10000円で販売しているので、一条工務店に頼まずに自分で取り付けることができるなら安くすませることはできるでしょう。

ただ、取り付け方が間違っていて事故が起きてしまったら本末転倒ですし、自信がなければやっぱりプロに任せるべきだと思いますね。

キディガードのメリット

安心感がある

キディガードを取り付けたことによる最大のメリットは安心感です。

本来であれば私も妻もクロスに穴をあけることはあまりしたくありませんでした。

そのため、キッチンとリビングの間のベビーゲートは突っ張るタイプを使用しています。でも、いつの間にか緩んでいたり、子供が成長とともに寄り掛かっていつか倒れるんじゃないかと不安なんです。

でも、キディガードは壁に穴を開けて固定するので、一般的な突っ張るタイプのベビーゲートよりも安心感があります。

ponpoko
ponpoko
私の全体重では破壊してしまいましたが笑

画像のように息子が階段の1段目に立つようになった今でも階段に登れないようしっかり守ってくれています。

あとは、キディガードの上からオモチャを階段に投げ入れたりしてよく遊んでもいますね。

事故が起きてからでは遅いので、安心できるというのは何よりもメリットに感じました。

デザインはシンプル

キディガードは北欧スウェーデン製でありデザインがシンプル。

ベビーゲートというと扉っぽいものを想像すると思いますが、色も白でありインテリアにも馴染みやすいと思います。

ponpoko
ponpoko
まさしく「ベビーゲート」って感じがなくデザインを損なわない点はgoodでした。

まとめ

キディガードを取り付けてから1年経った感想をまとめてみました。

取り付けたことによるデメリットのほうが多いですが、それを上回るほどの安心感があるので取り付けてよかったと今でも思っています。

値段や不便さよりもやっぱり安心が大事ですからね。

ぜひ参考にしてみてください。

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA