看護師

患者との関わりで大事な2つの事。笑顔と日常会話を意識しよう。

f:id:ponpoko37:20190528184202p:image

 

みなさんどーもponpokoです。

患者は入院するだけで不安なります。しかし、看護師の関わり方1つで、患者の不安を軽減したり笑顔にしたりする事ができるんです。新人看護師にも言える事なのですが、業務的な関わりですと、患者との信頼関係も築けずに退院になってしまいまうのです。では、どのような対応をすればいいのか?ポイントは2つです。

業務的な関わりはせずに笑顔で接する事です。

たったこれだけです。これだけで患者との信頼関係を築けますよ。

 

 

 

入院に伴う不安は様々

f:id:ponpoko37:20190506193330j:image

これは実際にponpokoが患者さんから聞いた話しです。(注意:個人は特定できないようにしてあります)

 

痛みがとれなくて辛い

痛みというのは、人間にとって本当に苦痛です。例えば、癌患者さんが痛みのコントロールの為にモルヒネを使用しているが、痛みがとれない。手術後の痛みが辛いなど、痛みとういうのは身体的、精神的に患者を不安にさせます。

 

仕事があるのに、本当は入院している場合じゃないんだ。仕事クビになったらどうする?

患者には、自営業の人も会社員の人も、様々な生活背景があります。仕事をしないと生活ができなくなる。自営業の為、自分自身が仕事に行かないと会社が潰れてしまう。など自分の病気よりも生活ができなくなることへの不安も多いのです。

 

まだ小さい子供がいるので早く帰りたい。今は夫がみているが不安です

また小さいお子さんがいる患者も多いです。だいたいは、夫や両親が子供をみていますが、母親のいない時間は、患者だけでなく子供も不安になります。

あと2年は生きたい。でも、体力もなくなってきてるし生きられるかどうか・・

癌などで余命宣告されている患者は、残された限りある時間をどう過ごすかが大切です。孫の顔を見るまで、娘の結婚式までと目標をたてていることがあります。ponpokoの職場でも、娘さんの結婚式を病院で行なった事もありました。いつまで生きれるのか。そう思う患者さんの不安は計り知れないと思います。

手術が成功するか不安です。癌が完治して本当に治るか

手術は怖いです。本当に成功するのか?だけでなく、痛みはどのくらいあるのか?手術後目が覚めるのか?などたくさんの不安をよく患者から聞きます。

このように患者には身体的でなく、精神的や社会的な不安を多く抱えています。では、その不安の中どのように関わればよいか。

 

笑顔で関わること

f:id:ponpoko37:20190506193351j:image

これは1番大事ですね。患者は看護師の顔をよく見ていますよ。

  • 忙しさのあまりにイライラしている顔
  • 疲れていたり、体調が悪く元気のない顔 

でも、毎回笑顔で関わるばかりではありません。痛くて痛くて苦しんでいる患者に笑顔で「丈夫ですか?」て聞かないですよね。時と場合を考えるのです。痛みが落ちついた時に「痛みが落ち着いてよかったですね」と笑顔で言うと、白衣の天使に見えるのですよ。まあ、ponpokoは男なので天使ではありませんが(笑)

つい最近にあった出来事なのですが、ある患者に対し上から言う物腰で対応するスタッフがいたのです。患者は、何度もトイレに呼ぶ事が申し訳ない気持ちでいたのですが、自分でできない事の苛立ちと、スタッフの対応の仕方に腹を立ててしまいました。

看護師だってイライラするのは当然です。でも患者も一緒なんです。そんな時は一呼吸おいてから笑顔で対応するのが1番ですよ。

 

笑顔に自信がない人はこちらの記事が参考になりますよ。aya_neeさんは自然な笑顔の作り方など、勉強になる記事をたくさん書かれています。

www.ayanee.work

 

業務的な関わりはしない

患者の病室に行き、熱や血圧を測ったりしますよね?そして、痛みはないか?呼吸は問題ないか?と観察すると思います。もちろん、それも大事な事なのですが、それだけでは業務的な感じで終わってしうとponpokoは思うのです。

では、何を大事にしているかというと・・日常的な会話をするようにしています。例えば、「今日から令和になりなりましたね」「何の本読んでいるんですか?」など、たわいもない事でいいのです。ponpokoは、窓を開けて空気を入れ換えながら本当にくだらに話しばかりしています。でもね、不思議と日常会話をしていると患者は笑うこと多いんですよ。それに、患者の方から話かけてきてくれたりするので、距離が近づき、それが信頼関係に繋がって行くと思います。

看護師として、患者の観察も大事ですが、日常会話も大事にしたほうがいいんです。だって患者は、入院して不安に感じているんですから。今まで、何も話さなかった患者さんから話かけてくる事もありますよ。

TVドラマの白衣の戦士でもこんな事を言っていました。

看護師としては全然だめでも、笑顔は患者さんを明るくする。それは、看護師にとって1番大事な事。

技術が上手な仏頂面な看護師と、技術は下手だけど笑顔いっぱいな看護師。

あなたはどっちに看護してもらいたいですか?

 

おわりに

患者は様々な不安を抱えながら入院しています。看護師の関わり方1つで患者を笑顔にすることができるのです。技術ができる事も、もちろん大事ですが、患者の気持ちに寄り添う事が1番大事なことと思います。

point

・笑顔で接すること

・日常会話を大事にすること

pointはこの2つだけなんです。

患者と信頼関係がうまく築けないと思っている人の参考になればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。(^_^)/

ponpokoぽんぽん