術前・術後のケア

術前に臍処置をする目的と留意点。

新人看護師
新人看護師
明日、受け持ち患者さんの臍処置があるんです。先輩から事前に調べておくように言われたんですけど…教えてください。
ponpoko
ponpoko
手術部位感染(SSI)を予防するためにも臍処置は大切だからね。

では、術前の臍処置について「なぜ必要なのか?」「どのようにやるのか?」「いつやればいいのか?」解説していきたいと思います。

臍処置の目的

臍部は皮膚の中でも常在菌が数多く存在しています。

開腹手術に伴う正中切開。また、腹腔鏡下手術による臍部からポートを挿入などにより、臍部に溜まっている細菌が混入してしまい、創部感染の原因になってしまうリスクがあります。

また、臍垢が溜まっていると消毒効果も落ちると言われています。

主に、術野が臍部にかかる消化器系の手術では必要になる前処置です。

ponpoko
ponpoko
普段から臍を洗う習慣のある人は意外と少なく(特に高齢者)、化石のような垢がとれることも珍しくないんだよ。
新人看護師
新人看護師
なるほど。
臍に溜まってい汚れが感染の原因になるからキレイにしなくてはいけないんですね。

臍処置のやり方

やり方については施設によって多少異なると思いますので、今回は私の病院でのやり方で説明します。

  • STEP1

    必要物品

    • オリーブ油
    • 綿棒
    • 綿球(必要時)
    • ガーゼ(滅菌でなくてOK)
  • STEP2

    臍が深い場合
    オリーブ油を直接入れて数分おいてから綿棒を使って臍垢を取り除きます。

    臍が浅い場合
    浅い場合は、直でオリーブ油を垂らすと流れていってしまうので、綿球にオリーブ油をつけてあてておきます。
    数分してから綿棒を使って取り除きます。

    こすり過ぎて傷ができてしまうと、かえってそこが感染源になってしまうので注意しましょう。

  • STEP3

    看護師2人でダブルチェックをし、臍垢が取り除けているかどうか確認します。

    汚れが残ったまま入室して医師から怒られたことがありますよ。

  • STEP4
    臍処置後に入浴し、仕上げにシャワーを使ってきれいに洗い流してもらいます。

術前の臍処置はいつやればいい?

新人看護師
新人看護師
感染予防のためなら手術当日にやるのがいいんですか?
ponpoko
ponpoko
ん〜これには明確な基準がないんだ。ただ、臍処置後の細菌の変化について研究した論文では以下のように言われているよ

臍処置によって細菌数は減少するが、時間経過に伴って細菌数は増加し処置の効果は薄れる。
細菌の増殖の傾向からみても、少なくても手術開始の4〜8時間前に実施することが望ましい。

引用:術前臍処置後の時間経過に伴う臍部の細菌の変化

つまり、入室する4時間以内にできるのが理想ということでしょう。

ただ、9:30分に入室予定であれば、朝早くから臍処置をしなくてはなりませんし、入室前はバタバタするので患者さんにも看護師にも負担になるので厳しいというのが現実です。

そのため、私の病院では前日の午後に臍処置をして入浴という流れになっています。

もし4時間以内に行うことが可能であれば、ぜひ取り組んでみてはいかがですか?

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA