ぽこチャレ

人生はチャレンジ 今日から俺はブロガーになる

子供が親の財布からお金を盗んでいた。その理由は?我が家の大事件!




f:id:ponpoko37:20190429175141j:image

 

みなさんどーもponpokoです。

我が家でも、子供が親の財布からお金を盗んでいた事がありました。

話し合った結果、子供への愛情不足が理由だとわかったのです。お金を盗むことには、必ず何かしらの原因があります。そして、子供は盗む事が悪い事だってわかっています。

1番の解決方法は、子供の盗む気持ちを考えることなのだと思います。

我が家の体験談を踏まえながら、子供がお金を盗む心理と対応ついてお送りしたいと思います。

 

 <

 

 

我が子がお金を盗んでいた。

「なんか、お金が減ってる気がするな…」

ずぼらな性格のponpokoはそう思ってました。しかし、財布からお金が減っているだけでなく、長男の貯金箱のお金もなくなっている事に気づき、妻へ相談しました。

すると、妻も以前から小銭入れのケースのお金が減ってる気がすると思っていたのです。

疑いの目は長女に向けられ、長女に聞いたのです。

もしかしてパパ達の財布からお金とってないよな?

とっ...とってないよ

怪しい…明らかに動揺している目なのがわかりました。親にはわかりますよ?子供の嘘ついている時の顔や言葉使いが…

長女の財布を見せてもらい、中身を確認したのです。すると、レシートが沢山でてきました。そもそも何でこんなにいっぱい買えるお金もってるのかを聞いたのです。

なんでこんなにたくさん買えるお金持ってるんだ?

友達に...買ってもらった...

そんなわけないですよね。やはり長女が財布などからお金を盗んでいました。

f:id:ponpoko37:20190308174413j:image

家族会議

怒鳴りながら、「何故とったのか?いくらとったのか?」話し合いをしました。

最初は1500円と言っていましたが、話し合いが進むにつれどんどん言ってる事が変わり、結果的には3000円以上盗んでいたことが判明したのです。

怒られるから、嘘をつき、それを隠すためにまた嘘をつく。少しずつ溶かしていったら、ちゃんと白状しました。

泣きながら…でも妻の怒りはMAXでした。

その時は、もう2度とやらないと誓い話し合いは終了しました。

盗むには理由があった。

長女は思春期の真っ只中であり、いつも妻と口喧嘩ばかり。思春期だからじゃないよな…

何かほしいものがあるのか?

いやそれだけじゃないはず。なにか他に理由があるはず。ponpokoはもう一度、長女と2人きりで話しました。長女の話しを聞いていると、ある事に気がつきました。

「愛情に飢えてるんじゃないか?」と

長女は、何でも後回しにする性格だけでなく、思春期真っ只中でいつもケンカばかり。そのため弟はいつも怒られないように、きっちりやる性格。

弟は褒められ、長女は怒られるという流れになっていた。それが孤立感を与えていたのかもしれない。

ハッとした瞬間でした。

小さい頃は抱っこすると喜んでいた事を思い出し、長女に久しぶりに抱っこしてあげようか?と言ってみたのです。

「絶対ヤダ」

そう言われると思いきや…

「うん」

だってーー。

ponpokoは、昔より随分と重くなった長女を抱っこしグルグルと回すと、長女は終始笑顔でした。やはり、長女は愛情に飢えていたのかもしれない…

盗む事は絶対にしないと約束し、それ以降、財布からお金を盗む事がなくなりました。

いくつになっても、親の愛情を伝えることが大事なんだと学んだ瞬間でした。

子供がお金を盗む心理

f:id:ponpoko37:20190513004328j:image

  1. 愛情に飢えている
  2. 単純にお金がほしい又は足りない
  3. 第三者から、お金を強要されている

我が家の場合、1番の愛情不足によるものでした。 では、少し噛み砕いて説明していきます。

親の愛情不足によるもの

イギリスの教育者でA.Sニイルが書いた「問題の子ども」という本があります。

 

 子どもが求めているのは愛と理解である。善良なままで成長する自由だ

引用元:ニイル選集「問題の子供」より 

つまり、子供が道徳的観念にとらわれず、自我が満たされる事で、子供は自然に愛に溢れた大人に成長するという事なのだと思います。

我が家も、子供に対して

  1. 帰ってきたら、やる事を先にやりなさい
  2. 弟はできてるのに、なんでできないの?
  3. だから、◯◯はダメなんだろ

など、親が子供にこうでなくてはいけないと押し付けていました。それは、親のエゴであり、子供はそんな親の望む通りにしたいと思ってません。自由にしたいんですよ。

子供のすべてを受け入れ理解し、愛情を注ぐことが何よりも必要なものなのです。

我が家も、親のエゴを押し付けて子供を理解せずにいました。そして、長男は褒められ、長女は怒られる流れになってしまった結果、お金を盗む行為をしてしまったのかもしれません。子供からのSOSだったんですね。f:id:ponpoko37:20190513004650j:image

お金が欲しい又は足りない

我が家の場合、小遣いは月に1500円渡しています。小遣いが足りないと、欲しい物が買えないことから、金を盗む行為に走ってしまいます。

子供同士で出かけた際など、みんなで同じ物を買うのに、小遣いが少ないから自分だけ買えない。そんな気持ちも持っているかもしれません。

ただ、子供の欲求を満たす為にお金を欲しいだけ渡すのでは、お金の管理ができなくなってしまいます。

周りの友達のお小遣いは、どれくらいなのか?どのような事に使いたいかを話し合い、小遣いの金額を決めていくのが解決の方法と思います。

第三者からお金を強要されている

これは、子供同士での解決は難しい為、親の介入が必要だと思います。

子供が親にも相談できず、学校にも相談できない場合などは、環境の問題です。ましてや、お金が絡んでくると、親に言いにくくなりますよ。日頃から、子供が親に相談できる環境を作る事が大切だと思います。

親がやってはいけない対応

f:id:ponpoko37:20190513004558j:image

すぐに怒ってしまう

子供が財布からお金を盗んでいたら、ショックですし、怒りたくなる気持ちもわかります。

ですが、まずは事実を確認することが大切なのです。それに、子供は自分を守るため嘘をつきます。

そのため、「なぜ、お金を盗んでしまったのか?」その理由を聞くことが解決の1番の方法だからです。

しかし、物事の善悪を教えるためには叱ることも必要です。怒るのではなく叱るのです。事実を確認したうえで、なぜいけないのか?子供を想って叱るのです。

気づかないふりをしてしまう

子供が盗む事には、何かしらの理由が必ずあります。「いつかやめてくれるだろう」と気づかない振りをするのはいけません。

子供は、盗む事で自分の欲求が満たされ、その欲求を満たすために、また盗みを繰り返してしまいます。そのため、盗んでしまう理由を把握し、気持ちを理解してあげることが大切です。

金庫などを準備する

理由も聞かずに、金庫などを準備してしまうと「信用されていない、やっぱり僕はダメな子なんだ」と、泥棒扱いされていると思ってしまいます。

我が家でも、金庫の話しはでました。でも、子供を信じたい気持ちがあったのでやりませんでした。

警察に連絡する

理由も聞かずに警察に連絡したところで、何の解決にもなりません。冒頭でも説明した通り、子供は盗むことが悪いことだってわかっています。

警察に連絡することで、泥棒扱いされていると感じてしまうことも考えられます。

何度も繰り返さないためには

例え、どんな理由でさえ盗む行為は罪なこと。根本的な問題を解決しない限り、自分の衝動が抑えられなくなり、また盗んでしまうかもしれません。

そうなると、子供が信用できなくなり孤立感がさらに強くなる悪循環に陥ります。

感情的にならずに、しっかり叱ってください。そして叱った後は、愛情を持って接してください。

おわりに

子供が財布からお金を盗むには、何度も言いますが必ず理由があります。その理由を知ろうともせずに、泥棒扱しては何も解決になりません。

そのため、なぜ盗んでしまったのか?子供の気持ちを考えることが1番の解決方法なのです。

子供は親に1番理解してほしいんですから。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ponpokoぽんぽん