看護技術

採血と同時に血糖測定をしたい場合に最もおすすめな方法はコレ!

「◯◯さん、明日に採血の指示があるけど血糖値測定もあるんだよね…一緒にとれれば楽なのに〜」

このような場面って結構ありませんか?

採血と同時に血糖測定もできたら看護師も楽だし、何より患者さんも痛い思いをするのが1回ですみます。

ponpoko
ponpoko
でも、実際にどうやってやるのかイメージしにくいのですよね

そこで、採血血糖測定同時にするときに最もおすすめな方法を紹介したいと思います。

おすすめは真空管採血と血糖測定を同時に行う方法

おすすめはコレです。

真空管翼状針で行うことが前提ですが、周囲を血液で汚染させることもなく安全で楽に血糖測定を同時に行うことができます。

ponpoko
ponpoko
いろいろ試してみた結果、この方法が1番良かったですね
ちなみに、直針の場合は針を外さなくてはいけないので、針刺し事故のリスクが高くやめたほうがいいです。

ではやり方を見ていきましょう。

  • STEP1
    真空管採血を行う前に血糖測定器の電源を入れて、すぐ測定できる状態にしておきます。
  • STEP2
    採血後、ホルダーから翼状針を外し針捨てボックスに破棄します。
  • STEP3
    ホルダーの先端部分に血液が溜まっているので、血糖測定器のセンサーで吸わせます。
真空管採血のポイント

ホルダーから翼状針を外した後にホルダーを上向きにして置かないようにしましょう。

そうすると、血液が画像のように下がってしまい吸いにくくなってしまいます。

翼状針の安全装置をしっかりかけるのを忘れないようにしましょう。

血糖測定器が上手く吸わない場合は、ホルダーを少し揺らしたり、ホルダーの底を軽く叩いたりすると吸ってくれることもあります。

ponpoko
ponpoko
めっちゃ簡単でしょ?真空管で採血している人はぜひやってみてください

シリンジ採血の場合

しかし、シリンジ採血でいつも行っている看護師さんも多いと思いますので、こちらのやり方も紹介したいと思います。

シリンジの場合も直針は針刺し事故のリスクになるのでやることをおすすめしません。
  • STEP1
    シリンジ採血を行う前に血糖測定器の電源を入れて、すぐに測れる状態にしておきます。
  • STEP2
    採血後、翼状針を外して針捨てボックスに破棄します。
  • STEP3

    シリンジ内にある血液を血糖測定器に吸わせます。

シリンジ採血のポイント

・血液をシリンジの先端に少し出すのですが、出す圧の調整が難しいので注意

ponpoko
ponpoko
私も一度出しすぎてしまい血糖測定器を血まみれにしてしまったことがありました

・あまりありませんが、測定を失敗したとしても血液が残ってる限り再チャレンジできる。

また、血糖測定器のチップの蓋やアルコール綿の袋に垂らして測定する方法もありますが、バッドが血液で汚染したりするので、私はあまりおすすめしません。

採血と血糖測定を同時にする場合の注意点

1つだけ注意していただきたいことがあって、この方法は空腹時の血糖測定のみに使ってください。

その理由としては、指先で測定するのと腕からの採血では測定値が異なるためです。

指先は毛細血管なのでブドウ糖が組織に配られているのに対し、静脈はブドウが消費された血液です。

つまり、食後は指先のほうが高くなります。

採血と同時に食後2時間の測定したい場合は、医師に確認したほうがいいです。空腹時なら問題ありません。

まとめ

特に病棟だと朝の採血と血糖値測定を同時にとるときにこの方法が使えます。

同時に行えば看護師も患者さんにとってもメリットしかありません。

教科書にも載ってない臨床ならではなので、ぜひ参考にしてみてください。

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA