看護技術

真空管とシリンジ採血どっちがいい?私流の使い分け方法!

「採血するときの真空管とシリンジってどうやったほうがいいのかな…」

このように悩んだことありませんか?

まぁ、どちらでやっても採血できれば問題はありませんが… 私は、ほぼ真空管採血で行っています。

その最大の理由は使い勝手の良さです。

では、今回は私が真空管採血をメインで使っている理由とシリンジ採血を使う場合など、私流の使い分け方について解説したいと思います。

ponpoko
ponpoko
ぜひ使い分けの参考にしてみてください。

私が真空管採血を選択する4つの理由

私は真空管+翼状針を使います。直針は苦手なので使いません…

なぜ真空管を選んで使っているのかというと

  • 分注する手間が省けて楽
  • シリンジより手技が簡単(翼状針の場合)
  • 針刺し事故を軽減できる
  • 血糖測定が同時にあっても簡単

コレらが理由になります。

分注する手間が省ける

真空管採血には分注する手間を省けるという最大のメリットがあります

シリンジですと必要量や順番を考えながら分注していくので時間がかかり地味に大変です。特に忙しい夜勤明けの採血なんかでは時間との勝負なので、真空管採血はもってこいだと思います。

針刺し事故を軽減できる

シリンジの場合は分注するので針刺し事故のリスクが高くなってしまいますが、真空管は分注する必要がないので針刺し事故のリスクを軽減することができます。

シリンジより手技が簡単

シリンジ採血は針先を固定しながら内筒を引く作業が大変で、よく内筒を引くことに集中してしまい針先がズレてしまうことも…

ponpoko
ponpoko
「やばい、血液がひけなくなった」と焦った経験あると思います。

しかし、真空管は針先をしっかり固定していれば片方の手は意外と自由にできますので、シリンジよりも手技が簡単だなと思います。

血糖測定が同時にあっても簡単にできる

採血と同時に血糖値測定をしたい場合ってありませんか?

ponpoko
ponpoko
これ結構あると思うんですよ~特に病棟看護師さんは。

シリンジだと思わず血液が出過ぎて周囲を汚染してしまったりすることがありますが、真空管ならそんなこともなく圧倒的に簡単です。

採血と同時に血糖測定をしたい場合に最もおすすめな方法はコレ! 「◯◯さん、明日に採血の指示があるけど血糖値測定もあるんだよね…一緒にとれれば楽なのに〜」 このような場面って結構ありませんか...

私は夜勤明けの採血でよくやります。

真空管であればこのようなメリットがあるので、私は基本的に真空管+翼状針を選択します。

真空管採血にもデメリットはある

もちろん真空管にもデメリットはあります。

直針の場合だとスピッツをホルダーに挿入するまで逆血がわからないし、めちゃくちゃ使いづらいので私は使いません。

駆血帯を外すタイミングを間違えると逆流して感染のリスクもありますし、細い血管の人は途中で引けなくなるには向いていない。

これも時々あるんですが、陰圧がなくなってるスピッツだとホルダーに刺しても血液が引けてこないことがあります。

ponpoko
ponpoko
これが真空管採血のデメリットと感じるところですが、それ以上にメリットのほうが大きいので、私は真空管をおすすめします。

シリンジ採血を選択する場合は?

では、シリンジでの採血を選択する場合どんなときかと言いますと

  • 細い血管から採血するとき
  • 血液培養のとき
  • 採血とルートキープを同時にするとき

この場合のみです。

細い血管から採血するとき

他の看護師さんも細い血管の場合はシリンジで対応していることが多いと思いますが、私もその1人です。

細くて弾力もなくていかにも血が引けなさそうな人いますよね?そんな時に真空管を使うと血液の流出が超ゆっくりで「これ絶対凝固する」ってことが多い。

ponpoko
ponpoko
真空管の陰圧のほうが強すぎちゃうんでしょうね。

そんなときはシリンジの出番。

陰圧をかけすぎないようにゆっくり内筒を引くことで採取することができるようになります。

血液培養があるとき

血液培養がその他の採血と一緒にある場合は、分注が必要になるので絶対的にシリンジを使うしかありません。

まぁ、これはシリンジ以外の選択肢がないので使い分けと言われると微妙ですね。

採血とルートキープを同時にするとき

緊急時などに採血とルートキープを同時に行う場合ありませんか?
特に救急外来などでは多いのでは思います。

サーフロを先に刺し留置したカテーテルから血液を採取するので、この場合もシリンジでないとできません。

慣れないと血だらけにしてしまうなど手技的にも難しいのですが、患者さんの負担は楽になります。

ponpoko
ponpoko
やったことがないという人は今後記事を書く予定ですので参考にどうぞ。

直針と翼状針はどっちがいいの?

私は間違いなく翼状針をおすすめします。

その理由はやり易さです。

直針だと安定感が悪いので点で支えなくてはならず、時にはプルプルと手が動いてしまうこともあります。そうなると針先がズレてしまい「途中から血液が引けてこなくなった」なんてことになりかねません。

翼状針は翼の部分を広げて人差し指と中指でおさえるか、テープで固定すれば安定感がありますし、特に手背からの採血などには本当に重宝します。

ponpoko
ponpoko
コスト面では高くついてしまいますが、そこは知らないフリしています(笑)

まとめ

私流の使い分け方をまとめると

基本的には使い勝手のよさから、ほとんどが真空管+翼状針です。

シリンジを使うのは血管が細くて弾力がない高齢の患者さんや、血培、採血と同時にルートキープするときくらいです。

ぜひ参考にしてみてください。

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA