看護技術

初めての血液培養!手順から結果の見方までわかりやすく解説します。

この記事では「血液培養の手順と注意しておきたいポイント」「結果の見方」について解説しています。

  • 今日、初めて血液培養を見学したから振り返りたい
  • 苦手意識を持っている
  • 血液培養を採取したけど結果がよくわからない…

という看護師さんにわかりやすく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

そもそも血液培養をする目的は?

受け持ち患者さんが39.0度と急な発熱をした。

このような場合、医師に報告すると血液培養の指示があると思いますが、そもそも検査をする目的ってなんだと思いますか?

血液の中は、もともと菌がいる痰や便などとは違って通常無菌状態です。しかし、カテーテル感染や尿路感染など、何らかの原因で血液中に菌が入ってしまうと重篤な状態(敗血症)になってしまう危険性があります

その原因となる菌の正体弱点となる抗菌薬を知ることが血液培養の目的です。

血液培養を行う前に注意しておきたいポイント

では、血液培養の手順の前に知っておかなきゃいけないポイントについて覚えておきましょう

抗菌薬を投与する前に採取

例えば敗血症が疑われる場合、必ず血液培養とセットで抗菌薬投与の指示がでます。それは、感染を引き起こしている菌が何かわからないけれど、とりあえず多くの菌に効果がある抗菌薬を投与し敗血症の悪化をくいとめるためです。

敗血症であれば1時間以内に投与することが推薦されているので、血液培養より先に抗菌薬を投与したほうがいいのでは?と思いませんか?

しかし、血液培養を行う前に抗菌薬を投与してしまうと原因となる菌の特定が難しくなってしまいます。

菌の正体を知って適切な抗菌薬を選択するためにも

「必ず投与する前に採取」

ponpoko
ponpoko
もし、先に投与してしまった場合は医師に報告し、どのタイミングで採取するかを確認しましょう

コンタミネーションに注意

私達の皮膚にいる常在菌が、血液培養の中に混入し増殖してしまうことをコンタミネーションといいます。

ponpoko
ponpoko
現場では、コンタミと略していることがほとんどですね。

このコンタミネーションが起きてしまうと、感染症を引き起こしている起因菌なのか、それとも皮膚にいた常在菌が混入してしまっただけなのか区別がつかなくなってしまいます。

ponpoko
ponpoko
真犯人のA菌ではなく、たまたま近くにいたB菌が犯人扱いされて捕まってしまうようなもの。

コンタミネーションを防ぐには消毒をしっかり行い皮膚常在菌の混入を避ける。これが大事なポイントになります。

血液培養は2セット

同じ血液の中なんだから1セットでいいのでは?と思うかもしれませんが、血液培養は基本2セットになります。

その理由は2つ。

  1. 検出率に違いがある
  2. コンタミネーションの判断材料となる

菌の検出率が違う

~検出率~

・1セットの場合 73.2%
・2セットの場合 93.9%
・3セットの場合 96.9%

ponpoko
ponpoko
わかりやすく言えば、犯人を捕まえるために検問を行うなら、1ヶ所よりも2ヶ所の方が捕まえられる確率がUPするということ。

つまり、1セットだと原因となる菌を見逃してしまう可能性があるので2セットとるのが基本となります。

コンタミネーションの判断材料となる

2セット採取するもう1つの理由としてコンタミネーションです。

【1セットの場合】

例えば、1セットしかしていない血液培養から皮膚にいる常在菌が検出された場合、それが皮膚から混入したのか原因菌なのか判断が難しい

【2セットの場合】

違う部位から2セット血液培養を行いどちらとも同じ菌が検出されれば本物の原因菌と断定できる
逆に、2セットのうち1セットのみ常在菌が検出されて、もう1セットは陰性であればコンタミの可能性が高い。

つまり、菌の検出率やコンタミネーションを考えると2セット採取するのがベストということなんですね。

ボトルに入れる順番

血液培養は青のボトル(好気用)オレンジのボトル(嫌気用)の2種類を使用します。

 好気性菌
生きるために酸素を必要する菌を培養する(酸素が好き

オレンジ 嫌気性菌
生きるために酸素が必要ない菌を培養する(酸素が嫌い

では、どっちから入れるのが正解か?

オレンジ(嫌気用)青(好気用)

の順番です。

その理由は、嫌気性菌は酸素に触れると菌が死んでしまうから。シリンジに残った空気が培養ボトル内に入ってしまうと嫌気性菌が培養できなくなってしまいまうのです。

ponpoko
ponpoko
そのため、酸素に触れても問題ない好気性菌のボトル(青)を後にするのが基本なんだよ

できるだけ同じ腕からの採取は避ける

血液培養は基本2セットと説明しましたが、採取する部位も2ヶ所にしなくてはなりません。

その理由は、やはりコンタミネーション。

左右の腕から採取できるのが理想ですが、採血困難な場合は下肢だったり医師が鼠径部から採血したりもします。

ただ、鼠径部はコンタミのリスクが高いと言われているので、できれば避けたい部位。

ponpoko
ponpoko
でも、先生にはそんなこと言えないよね笑

ということで

超理想
左右の腕から1セットずつ採取。

許容範囲
片腕と片足から1セットずつ。もしくは、同じ腕でも血管が違う場所。

絶対ダメ
同じ部位から採取したのを2セットにわける。

という具合ですかね。
あと、よくあるのが両腕でから採取したいけど片腕は点滴してるからできない…

こんなケース。

この場合は、点滴側から採取していいか医師に確認してみましょう。

血液培養の実際の手順

必要物品
  1. 血液培養ボトル2セット
  2. シリンジ20cc 2本
  3. 22G針 直針or翼状針
  4. アルコール綿(多めに)
  5. ポピヨンヨード
  6. 手袋(滅菌でも可)
  7. 駆血帯
  8. 止血テープ
  9. 針捨てBOX
  • STEP1
    採血部位を決めて消毒
    採血量が多いので、なるべく太くて弾力のある血管選択が理想。

    アルコール綿で広範囲をしっかり消毒。次に、ポピヨンヨードで穿刺部位を中心に消毒し乾燥を待つ(最低30秒)

    ポピヨンヨードを使わず、アルコール綿2回の消毒でもコンタミネーションの割合は変わらないと研究結果があります。

    ponpoko
    ponpoko
    まぁ、アルコール綿+ポピヨンヨードでがっつり消毒するのがベターでしょうね。
  • STEP2
    採血の準備
    ポピヨンヨードの乾燥を待つ間に、シリンジの準備や血液培養ボトルのゴムをアルコール綿で消毒しておきます。
  • STEP3
    穿刺
    ここは清潔操作が大事なポイント

    穿刺部位に触れない
    針に触れない
    抜針するときアルコール綿に針が触れない

    これに気を付けましょう。

    あと、よくあるのが消毒した後に穿刺部位がわからなくなってしまい不安になること。そういった場合は、滅菌手袋をつければ穿刺部位を触れて確認してもOKです。

  • STEP4
    血液培養ボトルに注入
    抜針後は針を変える必要はなく、その針のままオレンジ→青のボトルの順に必要量を分注しましょう。

    ~必要量~
    青のボトル 8〜10ml
    オレンジのボトル 8〜10ml

    もし、必要量がひけなかった場合は、最低3mlからでも検査できるそうですが、菌の検出率は下がるので8~10mlの採取が望ましい。

2セット目も同じ手順で行っていきます。

手順は以上ですが、清潔操作でコンタミネーションを防ぐことが大事なポイントですよ。

血液培養の結果の見方

検査科から

「◯◯さんの血液培養からグラム陽性球菌が陽性がです」

このように報告をうけたとしても、グラム陽性球菌って??となりませんか。

ここからは、血液培養の結果について私がわかる範囲内で解説していきたいと思います。

塗抹結果を見てみよう

まずグラム染色(塗抹検査)で菌を分類し4つに分けられます。

球菌 グラム陽性球菌
(GPC)
グラム陰性球菌
(GNC)
桿菌 グラム陽性桿菌
(GPR)
グラム陰性桿菌
(GNR)

あっダメだ…微生物って苦手だしもうめまいがしてきた…と思っているあなた。

この中でもグラム陽性球菌グラム陰性桿菌がメインとなるので、まずはこの2つを覚えておけば大丈夫。

このグラム染色の時点で、検査科から「◯◯さんの血培よりグラム陽性球菌が(+)です」と中間報告がきます。

培養結果を見てみよう

グラム陽性球菌は主に皮膚や肺など横隔膜より上を縄張りにしている菌

ponpoko
ponpoko
グラム陽性球菌はこのよな菌にわけられるよ
ブドウ球菌
黄色ブドウ球菌(S. aureus)
・MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
・MSSA(メチシリン感受性黄色ブドウ球菌)

CNS(コアグラーゼ陰性ブドウ球菌)
・表皮ブドウ球菌(S. epidermidis)など。
CNSの中で最も代表的

レンサ球菌
・肺炎球菌(S. pneumoniae)
・溶連菌(Streptococcus)
・腸球菌(Enterococcus spp)

グラム陰性桿菌は主に尿路や消化器系など横隔膜より下をなわばりにしている菌

・大腸菌(E coli)
・セラチア(Serratia)
・プロテウス(Proteus)
・エンテロバクター(Enterobacter)
・緑膿菌 (Pseudomonas aeruginosa)

あと、忘れてはいけないのがカンジタ(Candida albicans)です。

これはあくまでも一部ですが、検出された菌によって接触予防策等の感染対策が必要になってきます。

感受性結果を見てみよう

菌の正体がわかったら、その菌の弱点が感受性結果からわかります。

抗菌薬の横に「S 、R、I」 とアルファベットが並んでいると思いますが、これが原因となる菌に対しどの抗菌薬なら効果があるのかを示しているのです。

S(感性) 効果が期待できる
I(中間) 特定の条件下によっては効果が期待できる
R(耐性) 効果が期待できない

例えば、血液培養よりMRSAが検出されVCMがSであれば「バンコマイシン」が弱点となりますので、今まで使っていた抗菌薬を切り替えます。

逆に全ての抗菌薬がRであれば、どれも効かない多剤耐性菌というやっかいな菌ということになり、院内感染に徹底しなければなりません。

これってコンタミ?それとも原因菌?

血液培養の結果が陽性だったけど、これって原因菌?コンタミネーション?の考え方についても少し触れておきます。

コンタミネーションとして多い菌
  • CNS 表皮ブドウ球菌
  • コリネバクテリウム
  • バチルスセレウス
  • アシネトバクター

これらの多くは人の皮膚にいる常在菌です。

例えば、血液培養の結果で「CNS」が検出されたとしましょう。

2セット中1セットから検出

コンタミの可能性

2セットとも検出

原因菌と考えられる

ということです。

ponpoko
ponpoko
ちなみに、CNSはカテーテル感染の原因菌でもある反面、コンタミとして検出される菌でもあるんだ
これが検出されたら原因菌かも
  • 肺炎球菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • 溶連菌
  • 大腸菌
  • 緑膿菌
  • カンジタ
  • グラム陰性桿菌のほとんど

これらの菌が2セット中1セットでも検出されたら原因菌の可能性が高い。

このようにして、コンタミネーションなのか原因菌なのかを判断していくそうです。

まとめ

今回は血液培養の手順と結果の見方を解説してみましたが、少しはイメージできましたか?

血液培養は菌の正体と弱点を知ることが大きな目的です。

そのため、清潔操作をしっかり行いコンタミネーションを防ぐことが1番重要になります。

採血に比べると難しそうと感じると思いますが、解説したポイントをしっかりおさえれば大丈夫ですので頑張ってください。

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA