看護技術

採血が上手くなるための3つのコツ。もう下手くそなんて言わせない!

採血は看護技術の中でも1番最初にぶち当たる壁ではないでしょうか。

「私は不器用だからいつも一回で成功しない」と落ち込んだり「下手くそ、上手な看護師を呼んでこい」と患者さんに言われて自信をなくしたり…

このように、採血に対して苦手意識を持っている1〜2年目の看護師さん多いと思います。

新人看護師
新人看護師
これ私のことだ…苦笑
ponpoko
ponpoko
私も新人の頃は苦手でだったし、今だって失敗することもあるよ

でも、その失敗から採血が上手くなるために必要なコツを学んだからこそ、今では採血が取れない時のピンチヒッターにまで成長することができました。

今回は、採血が上手くなる3つのコツ

  1. 万全な準備で採血をする
  2. 最適な血管選択をする
  3. 誰よりも多く経験する

についてまとめましたので解説していきたいと思います。

採血が上手くなりたいなら万全な準備をしよう

例えば、スケールは違いますが手術もそう。

万全な状態で手術をするために、たくさんの検査や手術前からの血糖コントロール、必要な手術器具の準備をしたりするわけです。

採血も同じであって、成功するためには

  • 必要物品はちゃんと揃える
  • 患者さんの体位を整える
  • 採血しやすいように環境を作る

など万全な準備をした状態で採血することを意識してみましょう。

必要物品をしっかり揃える

何でもそうだけど、必要物品がちゃんと揃っていないとダメ。

ponpoko
ponpoko
もし、採血中に固定用テープや針捨てBOXなどを忘れてしまったら動揺し焦ってしまうよね?
新人看護師
新人看護師
どうしようどうしようと頭が真っ白になると思います

そういう時こそ高確率で失敗しやすくなります。

患者さんに合わせて真空管orシリンジどちらで採血するかなども考えながら必要物品をしっかり準備していきましょう。

真空管とシリンジ採血どっちがいい?私流の使い分け方法! その最大の理由は使い勝手の良さです。 では、今回は私が真空管採血をメインで使っている理由とシリンジ採血を使う場合など、私流...

患者さんの体位を整える

ponpoko
ponpoko
例えば、寝たきりの患者さんで左の正中皮静脈から採血するのに右側臥位の状態のままだと採血しづらくない?
新人看護師
新人看護師
確かに…忙しくてついそのままの体位でやってしまうことあるかも

これは結構やりがちで、採血する部位が不安定な状態だと失敗する可能性がマジで高いです。

仰臥位にしたり、腕が不安定なら枕を入れるなどして安定させる必要があります。

自分が狙う血管に対して患者さんの体位は適切かどうかをしっかりと考えましょう。

採血しやすいように環境を作る

新人看護師
新人看護師
採血しやすい環境?
ponpoko
ponpoko
そう。看護師が採血しやすい環境を作ることも重要なんだよ

例えば

  • ベッド柵が邪魔でやりづらいならベッド柵を外す。
  • ベッドが低くて中腰になってしまうなら高さをあげる。
  • 物品を置く位置を考える
  • 患者さんの椅子に座ってやる
  • 緊急性がなければ可能な限り時間に余裕をもって行う
ponpoko
ponpoko
私はめっちゃ患者さんの椅子使いますよ。その方が体幹が安定して採血できるんです

また、真空管採血の場合は片手でスピッツを入れ替えていきますよね?

もし右手でスピッツを入れ替えるとしたらどちらの画像の方がやりやすいと思いますか?

正解は左の画像です。

右の画像のように手を伸ばさないと届かない位置にスピッツが置いてると、途中で針の位置がずれたりし血液の流出が止まったりと失敗するリスクが高まります。

左の画像のように、スピッツや固定用テープなどの必要物品は自分が簡単に手の届く範囲に準備することが大切です。

ponpoko
ponpoko
私もコレが原因で針が抜けてしまうという失敗を何度かやらかしました。
新人看護師
新人看護師
へぇ~先輩もそんな失敗あるんですね

忙しかったりするとどうしても省いてしまいやすいですが、このように一手間を加えるだけで採血がしやすい環境を作ることができます。

採血が上手い看護師はみんな万全な準備がしっかりできているはずです。

上手くなるためには最的な血管選択が超重要

採血が上手くなるためには血管選びも大事なコツです。

ponpoko
ponpoko
なんとなく見えていて刺しやすいからと血管を選んでない?
新人看護師
新人看護師
だって見えてたほうが安心するんだもん

弾力のない血管というのは、刺しても逃げやすくもれやすいので失敗する可能性があります。そのため、採血に適した理想の血管を指の腹で触れて確認します。

採血に適した血管
  • 表在性がある
  • 弾力がある
  • 真っ直ぐ

この3つを兼ね備えた血管が1番の理想ということ。

まず狙いたい血管は肘窩部

肘窩部の静脈は太くて弾力もあることから採血に適しいます。

血流も多いので、途中からポタポタになって「お願い…もってくれ」と祈るようなこともなくなります。

肘窩部には、肘正中皮静脈や橈側皮静脈、尺側皮静脈がありますが、尺側皮静脈には太い神経(正中神経)や上腕動脈が走行しているので避けたほうがいいです。

肘正中皮静脈橈側皮静脈を選択しましょう。

どの血管でも神経損傷の可能性がゼロではないので注意しましょう
新人看護師
新人看護師
でも肥満で皮下脂肪の多い患者さんでもわかりますか?
ponpoko
ponpoko
その先入観は捨てたほうがいいよ。駆血して指の腹でちゃんと確認すれば結構わかること多いし、私の経験上は肥満の患者さんは肘正中皮静脈が1番わかりやすい印象かな

まず始めにこの血管を狙いましょう。

肘窩部がダメなら前腕か手背の血管

もし肘窩部の血管が見えない触れないのなら、前腕か手背の血管を狙っていきましょう。

まず前腕で探す場合に注意したいのが、手関節付近の橈側静脈。ここは、比較的血管が表在していて弾力もある場合が多いんですが、神経損傷のリスクが高いので避けるのが無難です。

それ以外に、弾力があって真っ直ぐな血管があるかを見つけてみましょう。

手背の場合は表在しているのでわかりやすいが、血管が動きやすかったり関節が邪魔で穿刺しにくくなります。

また、肘窩部のように太くないので少しずれただけで血液の流出が弱くなったり、最悪もれてしまうこともあります。

新人看護師
新人看護師
私も手背の採血は苦手~

手背から採血する場合は

  • しっかり血管を固定する
  • 角度をつけすぎない
  • 安定させるために翼状針を使う

これがポイントです。

それでもダメなら足の血管から

肘窩部も手背もダメなら足の血管(足背静脈や大伏在静脈)を狙います。

個人的には、弾力もあり真っ直ぐな大伏在静脈のほうが採取しやすいのですが、内果部(くるぶし)が邪魔になって穿刺する際に角度がつきやすいので注意が必要です。

また、肘窩部などよりも痛みが強く伴う場所なので、足の血管はどこを探しても見つからないときの最終手段にしてください。

以上のことをふまえ、弾力があって真っ直ぐでできるなら表在している血管を指の腹を使って見つけてみてください

この血管探しが上手くなれば、採血も絶対に上手くなります。

血管が見つからない…そんな時に試してほしい5つの対処法 採血にしろルートキープしろ血管が見つからないと話しになりませんよね。 何度触れても見つからず困ってしまい、頼みづらいけど先輩看...

上手くなりたいなら誰よりも多く経験する

3つ目は、やはり経験です。

いいか、教科書通りの症例なんて1つもない。だから外科医は実際に数を切ることでしか成長しない。

引用:ドラマ「医龍」より

医龍で朝田(坂口憲二さん)が言っていた名言ですが、採血でも同じことが言えます。

採血においても教科書ような血管ばかりではありません。患者さんによっては血管が蛇行していたり深かったり、固かったり細かったりと様々です。

多くの経験を積むことで、途中で血液が引けてこなくなるような状況になっても落ち着いて対処できるようになります。

採血の途中で血液が引けなくなる4つの原因と対処法 逆血もしっかりあったのに、途中で血液が引けなくなってしまって 「マジかよ~あと2本も残ってるのに…お願い血液よ出てきてくれ」 ...

何よりも成功体験が自信にもつながるので、上手くなるためには誰よりも多く採血を経験しましょう。

新人看護師
新人看護師
多く経験すればメンタルも強くなりますもんね。
ponpoko
ponpoko
そういうこと。血管を見た瞬間に「これダメかも」と思ってしまったらだいたい失敗する。絶対に成功させると思う気持ちが大事だし、メンタルを強くするためには経験が必須だからね 

まとめ

採血が上手くなるためには、万全な準備をし最適な血管を選択できるようになりましょう

そして、誰よりも多く経験しましょう

そうすれば、きっと採血が上手い看護師になれると思いますよ。

ponpoko
ponpoko
頑張ってください。

採血の応用編の記事もあるので、よかったら合わせて読んでみてください。

採血と同時に血糖測定をしたい場合に最もおすすめな方法はコレ! でも、実際にどうやってやるのかイメージしにくいと思いますので、今回は採血と血糖測定を同時にするときに最もおすすめな方法を紹介した...
慣れれば簡単!ルート確保と採血を同時に行う手順と注意点 医師から受け持ち患者さんの点滴と採血の指示が…この患者さんルートキープしてないし、同時にできないかな? 病棟や救急外来などでこんな...
もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA