看護技術

血管が見つからない…そんな時に試してほしい5つの対処法

「この患者さん本当に血管あるの?どこにも刺すところがないんだけど…」

採血にしろルートキープしろ血管が見つからないと話しになりませんよね。

何度触れても見つからず困ってしまい、頼みづらいけど先輩看護師にお願いした経験多いのではないでしょうか?

そこで、血管が見つからないときに試してほしい5つの対処法を紹介したいと思います。

これをすることで、今まで諦めていた採血やルートキープも成功できるかもしれませんよ。

ponpoko
ponpoko
知っていることもあるかもしれませんが、復習のつもりでぜひ読んでみてください

血管が見つからないときの対処法

採血やルートキープが上手くなるためには、良い血管を探し当てるスキルが必要で、血管選択が成功を分けると言われるくらい超重要な作業になります

詳しくは採血が上手くなるための3つのコツ。もう下手くそなんて言わせない!を合わせて読んでみてください

わかっているけど血管が見つからないとどうにもならないんですよね。

そんな時に試して欲しい対処法は5つです。

  • 患者さんに聞く
  • マッサージする
  • 腕を心臓よりさげる
  • 温タオルで温める
  • 一旦リセットする
ponpoko
ponpoko
私がいつもやる順番で説明していきますね

採血部位を患者さんに聞く

まず、血管を探しても見つからない場合は思い切って患者さんに聞いちゃいましょう。

えっいきなり?と思ったでしょが、血管が見えなくて苦労している患者さんは自分のどの血管でいつも成功しているのかよくわかっています。きっと何回も刺されて嫌な思いをしているんでしょうね。

「いつもどの変から採血or点滴していますか?」と動揺を隠しながら聞いてみましょう。

わかっている患者さんは自分から「いつもこの辺でやってるよ」と教えてくれることも結構あります。

ponpoko
ponpoko
見つからないと焦ってしまい時間だけが過ぎていくので、まずは聞いちゃったほうが早いですよ

もし、自分でわからなかったり意思疎通がとれない場合は、次の対処法から行ってみましょう。

マッサージをする

次に、患者さんに聞いた血管周辺を駆血した状態で末梢から中枢に向かって腕をこするようにマッサージしてみましょう。

こうすることで、うっ血し静脈が怒張しやすくなります。

ponpoko
ponpoko
外来にいる採血のプロレベルの看護師さんはよくやっています

腕を心臓より下げる

次に試して欲しいのが、採血やルートキープする腕を心臓より下げてみましょう。そうすることで、うっ血し静脈が怒張しますので、かなり見つけやすくなると思います。

ベッド上で仰臥位になり画像のように腕をベッド脇に下げてみましょう。

もしくは座位になって腕を下げたままにしてみてください。

どちらかの状態のまま駆血してみると良い血管に巡り合えることがあります。

温タオルで腕を温める

「血管が出ないなら温めてみな」

このように先輩看護師からアドバイスをうけたことありませんか?

腕を温めると血管が拡張し見えやすくなります。しかも気持ちがいい。

これは同僚のスタッフを温タオルで温めてみたのですが、正中皮静脈がぷっくり浮いてきているのがわかりますよね?

ponpoko
ponpoko
とくに病棟だと採血は朝方にやることが多く、冷えていると血管は収縮して見えにくくなってしまいますので、この方法は結構おすすめです

温タオルをビニール袋に入れ、その上からタオルで巻くようにして10分くらい待ちましょう。

ただ、準備するのに少し手間がかかるのと温まるまで待たなくてはいけないので、上記の方法を試してもダメなときに私は使います。

一旦中止する

探しても探しても血管が見つからないと

「あれもやらなきゃいけないのに…」

「やばい、そろそろ検査出しの時間だ…」

このように焦ってしまいます。

そんな時って例え血管があったとしても焦りから見落としたりしまいがちです。

なら、緊急性がなければ「◯◯したらまた来ます」と血管探しを一旦やめちゃいましょう。

時間に余裕ができ、また新たな気持ちで血管探しをすると意外に見つかるときがあります。

とにかく落ちついて探すことが大切ということです。

もし、緊急性がある場合は先輩看護師にお願いして代わってもらいましょう。

血管の探し方の番外編

クレンチングはしてもいい?

駆血した状態で腕をグーパーグーパーと何回か行うクレンチング。

血管が怒張されやすくなるので効果的なのですが、筋肉細胞内からカリウムが流出して生化学の検査に影響がでることがあります。

そのため、採血の際にクレンチングは極力避けたほうがいいでしょう。

逆にルートキープの場合には影響ありませんのでクレンチングをしても大丈夫です。

指で叩くと血管が浮きでる?

駆血した後に2本の指で腕をパンパン叩いている看護師さん見たことありませんか?

パンパン叩いたからといって血管が怒張するわけではありません。明確なエビデンス(根拠)もありませんし、どちらかというと叩く痛みによって血管は収縮すると思います。

ponpoko
ponpoko
パンパン叩けば血管が浮き出てくるというのは都市伝説的な感じですね

アルコールで消毒すると見えやすい?

私の経験上、アルコール綿で血管があるであろう付近を消毒すると血管が見えるようになることが実際に多くあります。

腕全体をアルコール清拭する勢いで拭くこともあるくらい効果があるんですよ。

アルコール消毒することで血管拡張作用があるから?光沢感がでてわかりやすくなるから?

ごめんなさい…なぜかはわかりません。

ただ、私の後輩もアルコール綿で腕全体を拭くようにしたら、一気にルートキープの成功率が上がったと言っていました。

ponpoko
ponpoko
エビデンスが不明なので番外編にしていますが、マジで見つかるようになるので是非試してみてください。

あっ、アルコール綿禁忌の患者さんには使わないように注意で。

まとめ

いかがでしたか?

血管が見つからないと諦めずにいろいろな手をつくしてみましょう。

そうすると「今までどこに隠れてたの?」と血管を見つけることができるかもしれませんよ。

ぜひ、明日からの採血やルートキープの際に使ってみてください。

ponpoko
ponpoko
今回紹介した以外に「こんな方法もあるよ」とコメントしていただけると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA