看護の失敗談

私が言った一言が患者さんを怒らせてしまった。私の失敗談‼︎

みなさんどーもponpokoです。
今だから言える。看護師の仕事の失敗談(パート④)
今回は、私が言った一言で患者さんを怒らせてしまった失敗談を話したいと思います。
コミュニケーションは看護師にとって大切なスキルです。しかし、私のように何も考えずに話していたことが患者さんに不快な思いをさせているかもしれませんよ。




私が言った一言が患者さんを怒らせてしまった失敗談

確か、私が看護師として2〜3年目だったかな〜。ある術後の患者さんの検温に行った時の話しです。
排便の有無を確認したとき、患者さんがこのように言いました。

患者さん
患者さん
今日は、少し下痢気味なんです。

すると私は、このように答えてしまいました。

ponpoko
ponpoko
実は、私も朝からお腹の調子が悪くて下痢なんですよ。

すると患者さんの表情が一変しました。

患者さん
患者さん
あのね、あなたは健康だしいいかもしれないけど、私は大きな手術をしてるの。そんなこと言われると、もし、あなたの症状が移ったらどうしようって不安になるでしょ。私も下痢してるんです。なんて患者に向かって言うことじゃない。

このように、お叱りを受けました。
私がバカだったんです。普通に考えればそんなこと言うべきではないですよね。
言い訳になってしまいますが、少し気難しい患者さんだったので、「あなたもなの?」とか言って笑ってくれるんじゃないか。そう思って言ってしまったんです。

患者さんは、私のためを思って言ってくれたんだと反省し、謝罪しました。

この失敗から学んだこと

患者さんはいろいろな不安を抱えながら入院生活を送っています。そのため、ちょっとした言葉にも敏感になっているのでしょう。
早く治って退院したいのに、「私も下痢してるんです」なんて言ったら感染してしまわないか、そりゃ心配になりますよね。
病院の接遇マナーの質も問われてしまうはずです。
友達と話しているのではなく、相手は患者さんなのであり、なにげない一言が不快に思ってしまうことを考え、責任ある言葉かけが必要だと思いました。

ponpoko
ponpoko
当時の自分はまだ若かったですからね。指導してあげたいくらいです。

理不尽に怒られることもある

実は、今でも患者さんに怒られることあります(笑)

例えば、この間の出来事なのですが、トイレに行きたいとナースコールがありました。部屋に訪室すると、靴を履かないで待っていました。

「◯◯さん靴は自分で履けますよね?自分でできることはやるようにしましょう。」

このように伝えると

「それが看護師の仕事でしょ」

と注意されました。

それ以降、その患者さんがトイレに行くたびに他の看護師に「自分でやれることはやれって言われたのよ。怖いよね」

と文句を言われ続けましたよ。

人間相手の仕事ですし、いろいろな患者さんがいるから難しいですよね。

まとめ

以上が患者さんを怒らせてしまった失敗談でした。

私のように、何気ない一言が患者さんに不快な気持ちにさせてしまうこともあるし、時には、理不尽なことで怒られることだってあります。

でも、めけずに頑張りましょう。

患者さんに怒られ落ちこんでしまったあなたが「私だけじゃないんだ」そう勇気づけられたら嬉しいです。

ponpokoぽんぽん

もう失敗しない!看護師の派遣・転職おすすめサイト


職場環境が原因で転職を考える人は本当に多く、ponpoko自身もその1人でした。
職場環境が良いところを探したいけど、実際に入職しないとわからないことがほとんどです。次こそは失敗したくないと考えている人に、職場の内部事情に詳しくい転職サイトを紹介したいと思います。
希望に合った職場が見つかりるといいですね。


ライフスタイルに合わせて働けることが魅力の単発・派遣看護師。実際に、登録しても希望の仕事もないし、働きたい日に働けないことありますよね。
そんな人におすすめなのが、MCナースネット。ここは仕事の種類が豊富で、特に単発案件に強いのが特徴です。仕事もプライベートも充実した生活が送れるといいですね。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA