看護師

骨折で動けない時に便利なグッズ4選。お見舞いの品にいかが?

f:id:ponpoko37:20190810194851j:image

みなさんどーもponpokoです。

骨折で入院すると、部位にもよりますが、安静になってしまい活動を制限されることが多いです。

例えば、

  • 足の骨折の場合は、ほとんどがベッドの上での生活。
  • 腕の骨折であれば、片手が使えない

慣れない環境で、そういった制限や痛みで動けず不便に感じます。

そんな時、おすすめなグッズをお見舞いの品として持っていけば、喜ばれること間違いなしと思いませんか?

今回は、骨折で入院したときに便利と感じたグッズを紹介したいと思います。

便利でおすすめなグッズ4選。

これは、実際にponpokoが整形外科で働いていた時に、患者さんが便利と感じたものです。

S字フック付きのカゴ

f:id:ponpoko37:20190402135119j:image

ベットの周りって物がいっぱいになるんです。しかも、ベットの上で安静になると、物をとるにも一苦労。

そんな時におすすめなのが、S字フック付きのカゴ。

使い方は、ベットの柵にかけるだけでOK。スマホや、TVのリモコン、ペットボトルなど手の届くとこに置いておきたい物を入れたりします

足を骨折して動けない人に、持っていくと喜ぶこと間違いなしですよ。100均で売っているので是非おすすめです。

スマホスタンド

足の骨折の場合、ベットの上で安静になるので横に向いたりするのも大変なんです。

仰向けのまま操作していると、手が疲れるし、動画など長時間持ってなくてはいけない場合は特に疲れます。

また、腕を骨折した場合も、片手だけの操作になるので、結構しんどいんですよね。

そこでおすすめなのが、スマホスタンド。

使い方は、ベットの柵に取りつけて、自分の好きな位置にスマホをセットするだけ。寝ながら動画だって快適に見れちゃいますし、片手だって楽に操作できちゃいます。

これは、若い患者さんがよく使っているので、是非お見舞い品に持っていてみてはいかが?

価格も2000円以内で購入できますよ。

小説や漫画、雑誌など

先ほども言いましたが、入院中は時間が長く感じます。入院したばかりの時は、体調がよくないので、そんな気分になれないかもしれません。しかし、体調が回復してくれば本を読む余裕もでてきます。

そんな時は、普段読むことができない本を読んで、ゆっくりとした時間を送るのもいいと思います。

ただし、続編があるものに関しては、続きが読みたくなるので注意(笑)

ponpokoが働いている病院でも、漫画を30巻とか持ってきている人もけっこういますよ‼︎

ただ、あまりに多いと置く場所がなくなるのでそういった事もふまえて持って行くといいと思います。

テレビカード

病院のテレビは、テレビカード必要になります。1枚1000円するのですが、暇なのでずっと見ていると、残量がすぐになくなってしまうんですよ。だいたい、約10時間くらいでなくなります(笑)

そのため、入院している間は、テレビカードの消費が結構多いのです。

それを、お見舞い品にすると結構喜ばれますよ。若い患者さんから、年配の患者さんまでにおすすめです。結構、お見舞い品にして持ってくる人多いんですよ。

おすすめしないお見舞い品は?

f:id:ponpoko37:20190811084208j:image

看護師の視点から、おすすめしないものもあります。

  1. 食べ物
  2. お花
  3. お金

です。その理由について、詳しくはこちらの記事に書いてあります。

おすすめ記事

持って行かないほうがいいお見舞いの品3選。看護師が説明します – ぽこチャレ

ただ、食べ物に関しては食事制限のない患者さんであれば、お菓子などは元気が出るのでいいかもしれませんね。

1つ注意点

足の骨折の場合は、血栓(血液の塊)ができやすく、ワーファリン(血液をサラサラにする薬)を服用している場合があります。そのため、納豆や青汁などは、ワーファリンの効果を弱めてしまうので、避けなくてはいけません。

なので、これらの食べ物は絶対に持ちこまないようにしてください。

おわりに

いかがでしたか?

骨折で入院すると、入院期間も長く活動を制限されるこが多いのです。それだけでストレスになり、1日が長く感じます。

そんな不便に感じる物を、お見舞い品として持っていけば喜ばれると思いますよ。

ponpokoぽんぽん

RELATED POST